このページの本文へ

機械工業デザイン賞

未来を築く 「機械工業デザイン賞」

 機械工業デザイン賞は日刊工業新聞社が経済産業省の後援、日本商工会議所、各工業団体の協賛を得て、わが国工業製品のデザインの振興・発展を目的に1970年、日刊工業新聞創刊55周年を記念して創設したものです。今年で46回目を迎え、この間に受賞した多くの製品は、それぞれの時代のデザインの方向性を示唆する先端的製品として高く評価されてきました。

機械工業デザイン賞 シンボルロゴマーク 21世紀を迎えた今日、企業を取り巻く環境は激変していますが、このような状況の中、産業界においても新製品開発の上からデザインが果たす役割は非常に重要で、ビジネス戦略を大きく左右するものとしてクローズアップされています。そしてユーザーとの調和を保ちつつ、商品の独創性を確立することが不可欠な要素となっています。デザインは外観、機能、性能、安全、色彩などのトータルバランスを基本とし、これらの条件が満たされることが必要です。そして今やデザインは、単に産業技術の中だけでなく、広く生活と産業界とのインターフェースとして位置づけられ、経済・文化の融合により、新たな社会的価値を創造しているのです。

 「機械工業デザイン賞」の審査は、主として生産財を対象としており、審査委員会は関係省庁、大学、各工業団体の権威者で構成されています。審査は、製品の品質や安全性に力点が置かれていますが、合わせて性能向上や産業振興のために、新しい時代のデザインの在りようを明らかにしていくことを目的としています。現在に赴いて製品の検証を行うほか、経済性、市場性などあらゆる角度から総合的に評価、選定されますが、人間工学的な面からの安全性や環境、福祉への対応も追求しています。近年は審査の範囲が生産財から医療機器、輸送機器、福祉機器などへと広がりを見せており、さらに外国製品にも門戸を開いて国際色も強めています。

 このように、時代を先取りする「機械工業デザイン賞」の趣旨をご理解いただき、独創的で優れた製品をご応募下さるようお願いいたします。

応募規定

  1. 応募製品は別に定める応募対象、規定品目、及び応募資格のそれぞれに該当するもので、かつ応募規定を満たすもの。
  2. 応募点数は制限しません。
  3. 応募者は法人に限ります(ただし、共同開発製品については賞の対象を応募法人のみとします)。
  4. 応募者は必ず指定の応募申込書に記入のうえ、次に指定する資料を付し事務局にお申し込み下さい( デザイン賞応募申込書.xls )。ただし、指定以外の申込書によるもの、及び資料不備のものは無効とします。
    • (1) 説明用写真
      説明用写真は応募製品を稼働させるために必要な付属品をも収めたものとし、正面、側面(斜面)から撮影したもの(カラー、サイズは四つ切りとし、背景を消去したものとする)各1枚ずつ(写真の裏面に製品名及び社名を記入してください)。
    • (2) 説明用カタログ
      応募製品の説明用カタログ(性能・品質・仕様・造形・寸法・重量などを明示したもの)を1件につき25部。。
  5. 応募資料は一切返却いたしません。なお、ご応募いただいた申込書など個人情報の取り扱いは弊社のプライバシーポリシーに基づき適切かつ厳重な管理を行います。機械工業デザイン賞以外での使用はありません。
  6. 応募手続き完了までに要する費用は全て応募者の負担とします。

応募資格

 平成27年1月1日から平成27年12月31日までに発売された新製品とする。

募集期間

 平成28年2月1日から3月31日まで。

審査基準

 的確な企画で、下記の内容を満たすものであること。

  1. 機能・品質が優れ、安全性の条件を十分に満たしていること
  2. 造形処理が総合的によくまとめられていること。
  3. 合理的価格であり、市場性および社会性の高いこと。

審査方法

 審査は第一次と第二次があります。第一次では書類審査を行い、そこで選出された製品について第二次で現物審査を実施し、賞を決定します。ただし、現物審査時に該当製品がない場合は除外します。審査委員は別記のとおり。

応募対象と品目

  1. 対象
      国産または輸入製品の生産財(間接生産財も含む)で、一般に発売されている工業製品とし、シリーズものについては個々に応募して下さい。ただし、輸入製品については日本に生産あるいは販売に関する法人・拠点を有している会社の製品に限ります。
  2. 品目
      工作機械、土木建設機械、環境整備機器、荷役・運搬機械、包装機械、電気機械、食品機械、電子機械、金属加工・処理機械、繊維・縫製機械、鍛圧機械、ロボット関連製品、測定機器、医療・福祉機器、産業用車輛、プラスチック加工機械、印刷・製本・紙工機械、商業機械、化学機械、自動化機械、農業機械、設計・製図機械、光学機械、その他の生産財

贈賞

  1. 最優秀賞(経済産業大臣賞)…2点
     経済産業大臣賞として表彰楯を贈り、あわせて日刊工業新聞社から賞金と記念ブロンズ像をそれぞれ贈呈します。
  2. 日本力(にっぽんぶらんど)賞…若干
     独創的なデザインで世界に対して強い競争力を持つ製品に贈呈します。
  3. 日本商工会議所会頭賞…2点
     とくに努力が認められた中小企業の製品に贈呈します。
  4. 団体賞…5点
     次の5団体から表彰楯を贈呈する。
    •  日本産業機械工業会賞…1点
    •  日本工作機械工業会賞…1点
    •  日本電機工業会賞…1点
    •  日本デザイン振興会賞…1点
    •  日本ロボット工業会賞…1点
  5. 審査委員会特別賞…若干
     努力が認められる優れた製品および将来性が期待される製品に贈呈します。

発表と贈賞

 入賞の発表は7月中旬、日刊工業新聞紙上で行い、7月下旬に関係者列席のうえ東京で贈賞式を行う。

申込先

〒103−8548
 東京都中央区日本橋小網町14−1
 日刊工業新聞社 総務局 機械工業デザイン賞事務局
 TEL 03−5644−7000(ダイヤルイン)
 FAX 03−5644−7100

審査委員

  • (順不同・敬称略)
  • 経済産業省商務情報政策局生活文化創造産業課長(併)デザイン政策室長  西垣 淳子
  • 文部科学省科学技術・学術政策局研究開発基盤課長  渡辺その子
  • 特許庁審査第一部意匠課長  山田 繁和
  • 日本商工会議所専務理事  石田  徹
  • 千葉大学名誉教授  青木 弘行
  • 日本工業大学教授  松野 建一
  • 東京芸術大学教授  尾登 誠一
  • 慶應義塾大学教授  松岡 由幸
  • 筑波大学教授  五十嵐 浩也
  • 日本産業機械工業会専務理事  中澤 佐市
  • 日本工作機械工業会専務理事  石丸 雍二
  • 日本電機工業会専務理事  海老塚 清
  • 日本ロボット工業会専務理事  冨士原 寛
  • 日本デザイン振興会常務理事  齊藤 光好
  • 日刊工業新聞社社長  (委員長)井水 治博

Twitter

日刊工業新聞BusinessLine(Nikkan_BizLine)