HOME > 併設展示会

併設展示会

バイオマスエキスポ2018は、広く地域に分布するバイオマス資源をバイオマスエネルギー(発電、熱利用、燃料)やマテリアル(堆肥化、飼料化、素材化)への変換技術・利用技術イノベーションで産業化を促進する交流展示会です。
FITでマーケットが拡大したバイオマス発電や地域の特色を活かしたバイオマス産業の事例を中心に、経済性を確保し、環境にやさしく災害に強いまちづくりや地域バイオマス利活用で創出する新産業・地域循環型エネルギーの強化をテーマに展示会とセミナーの両面からバイオマス資源からの新産業創出を実現します。
バイオマスエキスポ2018では政策、地域活性化、バイオマスエネルギー(発電、熱利用、燃料供給)他、木質バイオマス利活用にフォーカスしてバイオマスエキスポフォーラムを併催します。

後  援: 内閣府、復興庁、経済産業省、総務省、文部科学省、国土交通省、環境省(申請予定先)
協  賛: (国研)科学技術振興機構、(国研)国際農林水産業研究センター、(国研)産業技術総合研究所、
(国研)農業・食品産業技術総合研究機構、(国研)森林研究・整備機構森林総合研究所、
(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(一社)地域環境資源センター、
(一社)日本木質バイオマスエネルギー協会、(一社)バイオマス発電事業者協会、(一財)新エネルギー財団、
(一社)日本エネルギー学会、他(申請予定先)

出店対象

バイオマス発電・バイオマス熱利用

プラント設計・製造技術、ガス化技術、熱分解・直接液化技術、加水分解・直接液化技術、加水分解・製造技術、
メタン発酵・水素発酵技術、乾燥・炭化技術、下水汚泥処理技術、収集・運搬技術、乾燥技術、破砕・粉砕機、
計測・分析技術や機器、木質パレットボイラー、木質パレットストーブ など

バイオマス燃料製造

木質固形燃料製造関連(木質ペレット製造、添加剤、破砕・粉砕機)、分析・計測・解析関連機器 など

バイオエタノール製造関連、バイオディーゼル製造関連

マテリアル利用

飼料化、コンポスト(堆肥)化、熱分解、発酵技術、微生物処理技術、乾燥、炭化、下水汚泥処理技術、
収集・運搬技術、プラント設計・製造技術・装置、乾燥機、計測・分析技術や機器 など

バイオマス製品利用

バイオマスプラスチック、生分解性プラスチック、微生物処理技術、エネルギー回収技術、生分解素材、計測・分析技術、
基礎化学原料・素材、バイオ化学品、バイオ樹脂、電気・電子素材、木材・農林資材、各種繊維製品 など

その他

環境都市計画関連、教育機関、海外貿易投資関連、排出権取引、 コンサルティング、バイオマス産業の為のIT ソリューション など

バイオマスエキスポフォーラム

バイオマスの利活用と地域の活性化について、官公庁、自治体、民間企業より最新の事例をご紹介します。
※前回実績:累計約1,700名が参加(3日間合計)