HOME > ワークショップ

ワークショップ


日時 平成28年2月24日(水)、25日(木) 会場 ツインメッセ静岡
北館大展示場内

2月24日(水)【定員:各50名】

無料 
10:30 ~ 11:30 A 三嶋電子株式会社

水に浸すか、注水すると、発電する、水電池応用商品の紹介

代表取締役 檀浦 逸克

最後の砦。ライフライト。懐中電灯。河川増水警告点滅ライト。尿漏れ発見センサー。

11:50 〜 12:50 B 株式会社オオハシ

軽量で丈夫なECO商品、再生プラスチック製敷板/リピーボード

営業部 課長 齋藤 祐二

津波や災害で破壊された道路を仮復旧させるツールとして和歌山県の災害訓練で使用された実績を紹介します。

13:10 〜 14:10 C 日立造船株式会社

無動力/人為操作不要の水災対策設備 neo RiSeの紹介

社会インフラ事業本部 鉄構・防災ビジネスユニット フラップゲート部長 仲保 京一

従来陸閘の課題とあるべき姿を説明の後、neo RiSe設備概要と実用化状況について報告する。

14:30 〜 15:30 D 株式会社安心住宅

国産高性能シェルター付住宅及び密閉空間用生命維持システム

代表取締役 矢野 昭彦

開発経緯と事業展開。小口美津夫(元JAXA研究開発本部主任研究員)よりシステムの概要を説明します。

15:50 〜 16:50 E 帝人フロンティア株式会社

帝人グループの防災減災対策品と災害時の情報共有の紹介

生活資材本部 主管 岸本 隆久
インフォコム(帝人グループ) 高橋 克彦

新防災カーテン「プルシェルター」と防災毛布「もうたんか」と緊急時の安否確認「エマージェンシーコール」

2月25日(木)【定員:各50名】

無料 
10:30 ~ 11:30 F 株式会社セラス

要介護者・障がい者向け津波避難用担架ボート"津波てんでんこ"

顧問 須藤 康夫

津波発災時に施設や病院で要介護者や障がい者を救助し、救助側も助かるように開発された避難用担架ボート。

11:50 〜 12:50 G 株式会社技研製作所

圧入工法による防災対策

工法事業部 工法推進課 係長 佐藤 慎一郎

南海トラフ大地震に備える、インプラント工法を用いた粘り強い津波対策と液状化対策 の提案。

13:10 〜 14:10 H ユアサ商事株式会社

有事の対応ストーリーから導き出される実効的なBCPと防災備蓄品の整備

株式会社富士通総研 ビジネスレジリエンス事業部 チーフシニアコンサルタント 菊池 貴文

危機事象に対する備えを、具体的に有事に自らが見舞われる状況を意識して進めるアプローチを紹介。

14:30 〜 15:30 I 株式会社安心住宅

国産高性能シェルター付住宅及び密閉空間用生命維持システム

代表取締役 矢野 昭彦

開発経緯と事業展開。小口美津夫(元JAXA研究開発本部主任研究員)よりシステムの概要を説明します。

15:50 〜 16:50 I プラムシステム有限会社

騒音環境作業者の危険を叩いて知らせる「キツツキ・ハンマー」

営業技術 松本 敬吾

独自のキツツキハンマーで騒音の中でも危険を知らせるシステムについて&応用事例の紹介します。