各種フォーラム

聴講登録はこちら

国際会議場 会議棟7F

15:00〜17:00

15:00〜17:00

  • CC-1
  • 定員 1,000名
  • 日英同時通訳
  • 無料

iREXロボットフォーラム2017

働く現場を変える!ロボットとともに

大手ロボットメーカーおよびユーザーより、人を支えるロボット、ロボット活用などについてパネルディスカッションを行います。

●ロボットメーカー

川崎重工業

常務執行役員
ロボットビジネスセンター長
橋本 康彦

橋本 康彦氏

ファナック

取締役専務執行役員
ロボット事業本部長
稲葉 清典

稲葉 清典氏

不二越

フェロー
国崎 晃

国崎  晃氏

安川電機

執行役員 ロボット事業部長
小川 昌寛

小川 昌寛氏

ABBグループ

シニアバイスプレジデント
ロボティクス事業責任者
パーベガード・ニース

パーベガード・ニース氏

KUKA Roboter

最高経営責任者(CEO)
ステファン・ランパ

ステファン・ランパ氏

●ユーザー企業

トヨタ自動車

生産技術本部 工程改善部 部長
大倉 守彦

大倉 守彦氏

ホームロジスティクス

代表取締役社長
松浦 学

松浦  学氏

《コーディネータ》

ジャーナリスト
三神 万里子

三神 万里子氏

メインステージ 東6ホール内

10:30〜12:20

10:30〜12:20

  • 6M-1
  • 定員 500名
  • 日英同時通訳
  • 無料

NEDO ロボット・AIフォーラム 2017第一部
Robots & AI for Happiness

第一線で活躍するキーパーソンが、ロボット・AIの研究開発やビジネスの最新動向等を紹介します。

開会挨拶

NEDO

理事長 古川  一夫

来賓挨拶

経済産業省

氏

オープニングセッション

宇宙・ロボット・人をつなぐ

宇宙飛行士

山崎 直子

山崎 直子氏

NEDOのロボット・AI分野への取り組み

NEDO

ロボット・AI部長 弓取 修二

弓取 修二氏

ロボットセッション

ソフトバンクのロボット事業 次なる戦略

ソフトバンクロボティクス

コンテンツマーケティング本部 取締役兼CCRO コンテンツマーケティング本部長 蓮実 一隆

蓮実 一隆氏

人と関わるロボットと未来社会

大阪大学

基礎工学研究科システム創成専攻 栄誉教授 石黒 浩

石黒 浩氏

MUJINコントローラが切り開く最新ロボットアプリケーション

MUJIN

CEO 兼 共同創業者 滝野 一征

滝野 一征氏

13:10〜17:00

13:10〜17:00

  • 6M-2
  • 定員 500名
  • 日英同時通訳
  • 無料

NEDO ロボット・AIフォーラム 2017第二部
Robots & AI for Happiness

第一線で活躍するキーパーソンが、ロボット・AIの研究開発やビジネスの最新動向等を紹介します。

ロボットセッション

日本発の空飛ぶクルマSkyDriveの開発

カーティベーター

代表 中村 翼

中村 翼氏

ロボット活用型市場化技術開発プロジェクト

産業技術総合研究所

研究チーム長 安藤 慶昭

安藤 慶昭氏

AIセッション

我が国の人工知能技術開発について

NEDO

ロボット・AI部 統括研究員、「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」
プロジェクトマネージャー(PM)関根 久

関根 久氏

より豊かな社会を築くマイクロソフトのAIテクノロジー

日本マイクロソフト

執行役員 最高技術責任者 榊原 彰

榊原 彰氏

ビジネスのためのAI基盤 IBM Watson

日本アイ・ビー・エム

ワトソン・ソリューション担当 理事 元木 剛

元木 剛氏

実世界に埋め込まれる人工知能:次世代のロボットに向けて

産業技術総合研究所 人工知能研究センター

産総研 フェロー、人工知能研究センター センター長 辻井 潤一

辻井 潤一氏

社会インフラにおけるAIとロボット

日立製作所

技師長 武田 晴夫

武田 晴夫氏

社会実装セッション

SIP自動走行/大規模実証実験

NEDO

ロボット・AI部 統括研究員、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/自動走行システムの大規模実証実験」プロジェクトマネージャー(PM)林 成和

林 成和氏

社会による新技術の受容

福田・近藤法律事務所

弁護士 近藤 惠嗣

近藤 惠嗣氏

World Robot Summitに対するNEDOの取り組み

NEDO

ロボット・AI部 主査 和佐田健二 

和佐田健二氏

学びの中でのロボティクスとAIの行方

ブルームフィールド大学

准教授 江口 愛美

江口 愛美氏

ワークショップ会場C 東6ホール入口

10:00〜16:00

10:00〜16:00

  • 定員 実習30名、聴講30名
  • 無料

RTM講習会

お申込・詳細は下記外部サイトよりご確認ください。
http://openrtm.org/openrtm/ja/tutorial/irex2017

会議棟7F 703会議室

14:00〜17:00

14:00〜17:00

  • 定員 90名
  • 有料

再び!ヒューマノイド先進国へ!
ヒューマノイド・ロボットの研究動向と将来展望

ヒューマノイド開発で後れをとった日本が再び世界を先導できる注目技術を紹介。今後の開発戦略を議論します。

お申込・詳細は下記外部サイトよりご確認ください。
http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1253

国際会議場 会議棟7F

10:00〜12:00

10:00〜12:00

  • CC-2
  • 定員 1,000名
  • 日英同時通訳
  • 無料

RRI国際シンポジウム第一部

Connected Industries 国際シンポジウム

開会挨拶

経済産業省

基調講演

『第四次産業革命』の提唱者として:Society 5.0における製造の未来を目指して (仮)

David Aikman

(世界経済フォーラム 執行委員)

講演1

『コネクテッドインダストリーズ』:ものづくり・ロボティックスの未来(仮)

大宮 英明

(ロボット革命イニシアティブ協議会 会長)

講演2

ドイツ『Industrie 4.0には、皆様の協力が必要です』

Markus Heß

(Federal Ministry for Economic Affairs and Energy 次長)

講演3

中国『中国製造2025』と産業インターネット

Li Haihua

(中国情報通信研究院 副技師長)

講演4

IICと、製造業ビッグデータ解析の最前線

Wael William Diab

(Industrial Internet Consortium 産業分析TG・技術WG・連携WG議長/SCメンバ)


13:00〜17:00

13:00〜17:00

  • CC-3
  • 定員 1,000名
  • 日英同時通訳
  • 無料

RRI国際シンポジウム第二部

RRI インダストリアルIoT国際シンポジウム ~Connected Industries~

IIC - RRI 連携調印発表

IIC:Wael William Diab氏
RRI:久保 智彰
(ロボット革命イニシアティブ協議会 事務局長)

基調講演

ARENA 2036 : 共同研究/革新の新世界

Mirko Bordigno

(Group manager - Software Engineering and System Integration, Robots and Assistive Systems Department, Fraunhofer IPA)

セッション1 「製造業のこれからの姿」

講演

チェコの見解(仮)

Roman Holý

(Director, National Center for Industry 4.0)

コネクテッドインダストリーズヘのより速い移行
─スウェーデンのやり方─

Johan Harvard

(Deputy Director, Swedish Ministry of Enterprise and Innovation)

日本/RRIの見解

石隈 徹

( RRI / アズビル )

パネルディスカッション

《モデレータ》

藤野 直明 氏(野村総研)

《パネリスト》

Mirko Bordignon

Roman Holý

Johan Harvard

Wael William Diab

Li Haihua

石隈 徹

セッション2 「製造業のこれからの姿」から整理する国際標準

講演

openAAS(open Asset 管理シェル)の実応用

Ulrich Löwen

(Siemens AG Corporation Technology)

日独標準化専門家が描く『機能レベルユースケース』

石隈 徹 氏(RRI/アズビル)

スマートマニュファクチャリングに関する国際標準を整理し
システム構築をガイドする日本発の手法:URM-MM

野中 洋一

( RRI / 日立 )

パネルディスカッション

《モデレータ》

木村 文彦 氏(東京大学 名誉教授)

《パネリスト》

Ulrich Löwen

石隈 徹

野中 洋一

セッション3 「製造業のこれからの姿」と産業セキュリティ

講演

Industry4.0 セキュリティのトレンド、課題、そしてこれから

Wolfgang Klasen

(Head of Research Group, Security for Embedded Systems, Industry4.0, IoT, Siemens)

産業セキュリティー EU最新

Thomas Walloschke

(Director, Fujitsu Distinguished Engineer, Fujitsu Technology Solution GmbH)

産業セキュリティの要件・企業/国を超えた製造業のこれからの姿に向けて

米田 健 氏( RRI / 三菱電機 )

パネルディスカッション

《モデレータ》

松本 勉 氏(横浜国立大学 教授)

《パネリスト》

Wolfgang Klasen

Thomas Walloschke

Steffen Zimmermann 氏(Head of Industrial Security, VDMA)

Lukas Linke 氏(Manager Security, Safety/Security Devision, ZVEI)

米田 健

メインステージ 東6ホール内

11:00〜11:45

11:00〜11:45

  • 6M-3
  • 定員 500名
  • 日英同時通訳
  • 無料

The Rise of Service Robots
”サービスロボットの発展と未来”

 サービスロボットが、組み立てロボットや産業ロボットと異なるのには一つの大きな理由があります。それは、「人間が自らを助ける手助けをする」ために設計されているという点です。自律移動型サービスロボットは、人間の生活の質を上げる手助けをするため、人間と協力して仕事をします。ロボットは介助者であり、同時に、技術レベルの異なる一般の人たちが、様々な環境のもとで利用可能なものなければなりません。その範囲は、ホテルや小売店から、高層ビルや、物流センター、病院にまでいたります。どんな技術やデザイン特性がサービスロボットにとって重要であり、それらをどのように取り入れて、機能的で低コストかつ安全なロボットを作るのか、探ってみましょう。

Founder and CEO of Savioke

Steve Cousins

Steve Cousins氏

13:00〜14:30

13:00〜14:30

  • 6M-4
  • 定員 500名
  • 日英同時通訳
  • 無料

国際ロボット導入フォーラム
~デンマークにおけるロボット開発と最新動向〜

講演①

デジタルデンマークが導く = サービスロボットプラットフォームの可能性 =

中島 健祐

(デンマーク大使館 投資部 部門長)

中島 健祐氏

講演②

協働ロボットによる産業の創出

エスベン・ハルンベック・ウスタゴー

(ユニバーサルロボット チーフテクニカルオフィサー)

エスベン・ハルンベック・ウスタゴー氏

講演③

生活支援・介護支援ロボットに関する日本企業・研究機関と海外との連携

松本 吉央

(国立研究開発法人産業技術総合研究所 ロボットイノベーション研究センター
サービスロボティクス研究チーム)

松本 吉氏

15:30〜16:45

15:30〜16:45

  • 6M-5
  • 定員 500名
  • 日英同時通訳
  • 無料

ビジネス目線のロボット利活用を進める社会
~Robotics for Happiness(by WRS)~

 人口減少下、ロボット利活用の必要性は高い。しかし、ロボットユーザに利用を促すためには、ロボット活用人材といわれるシステムインテグレータとメーカーとの新しい関係が必要になる。ロボット利活用を進めるための、新しいモデルを提示する。

ロボット産業の構造転換

三治 信一朗

(NTTデータ経営研究所 パートナー)

人手確保の困難性とロボットへの期待

仲川 薫

(リクルートジョブズ 執行役員)

現場発ロボット導入ソリューション

青木 伸輔

(オフィスエフエイ・コム General Manager)

新しいロボットビジネス

尹 祐根

(ライフロボティクス 代表取締役 CEO&CTO)

ロボット活用人材の育成

泉 貴史

(ミツイワ スマートファクトリー推進部 部長)

会議棟6F 607・608会議室

10:00〜17:00

10:00〜17:00

  • CR-3
  • 定員 200名
  • 英語のみ
  • 無料

日中韓ロボット研究者ワークショップ(英語のみ)

開会式

日中韓各国の代表者挨拶

清川 佑二

(日中産学官交流機構 理事長)

趙 傑

(ハルピン工業大学 教授)

CHO Young-Jo

(韓国ロボット学会 会長)

来賓挨拶

阮湘平

(中華人民共和国駐日本国大使館 公使参事官)

国家プロジェクトの紹介

日本のロボット政策

安田 篤

(経済産業省産業機械課 ロボット政策室長)

ロボット研究計画の紹介:Tri-Co Robotsの理論と技術

頼 一楠

(国家自然科学基金委員会工程・材料科学部機械・製造科学処 処長)

韓国政府によるロボット研究開発の動向

KIM Kyung-Hoon

(韓国産業技術評価管理院 ロボットプラグラムディレクター)

産業ロボットの発展とアプリケーション

ロボット、IoT、AIによるスマート・マニュファクチャリング

榊原 伸介

(ファナック 常務理事 ロボット事業本部 技監)

サービスロボット研究開発の進展状況とヒューマノイドロボットの展望

熊 友軍

(優必選科技有限公司(UBTECH) 副総経理)

産業用ロボットビジョンシステムのアプリケーション

LIM Hyun-Kyu

(現代ロボティクス ロボット研究院 主席研究員)

日本における最先端のロボット研究

安川電機の取組み

横山 和彦

(安川電機つくば研究所 所長)

ロボットの新技術と挑戦

生活支援ロボットの有用性と安全性

比留川 博久

(産業技術総合研究所 ロボットイノベーション研究センター長)

sEMGの識別とリハビリテーションロボットの潜在的アプリケーション

韓 建達

(中国科学院瀋陽自動化研究所 教授)

北京理工大学のヒューマノイドロボット研究

余 張国

(北京理工大学 研究員)

韓国ロボット産業界に登場する2つの革新的なサービスロボット

CHO Young-Jo

(韓国ロボット学会 会長)

Collaborative Robots with Passive Gravity Compensation

SONG Jae-Bok

(高麗大学校機械工学部 教授)

災害予防および災害対応のためのロボット技術とその社会実装

淺間 一

(東京大学大学院 教授)

パネルディスカッション 「AIの発展とロボットの未来」

《モデレータ》

神徳 徹雄 氏(産業技術総合研究所研究戦略部 イノベーションコーディネータ)

《パネリスト》

尾形 哲也 氏(早稲田大学理工学術院 教授)

丁 漢 氏(華中科学技術大学 教授)

SUH Il-Hong 氏(漢陽大学校 教授)

閉会式

閉会挨拶

興 直孝

(日中産学官交流機構 理事)

会議棟6F 606会議室

14:00〜15:20

14:00〜15:20

  • CR-6
  • 定員 100名
  • 無料

中国ロボット産業動向と知能製造工業園区の紹介
※逐次通訳あり

中国ロボット産業の現状と将来予測

宋 暁剛

(中国機械工業連合会 副会長/中国ロボット産業連盟 秘書長)

中国浙江省海塩県知能製造工業園区の紹介

王 健

(海塩県知能製造園区 総経理)

会議棟6F 605会議室

13:00〜17:00

13:00〜17:00

  • CR-4
  • 定員 100名
  • 無料

ロボット産業における電気技術者の役割と今後の展望とは

ワークショップ会場C 東6ホール入口

10:30〜11:30

10:30〜11:30

  • 6C-1
  • 定員 100名
  • 無料

ディープラーニングによるロボットの今後の展開

尾形 哲也

(早稲田大学理工学術院 基幹理工学部表現工学科 教授)


14:00〜17:00

14:00〜17:00

  • 6C-3
  • 定員 100名
  • 無料

ロボットエンジニアリングセミナー
-ロボットシステムインテグレータの重要性と最新の取組み-

挨拶

小平 紀生

(一般社団法人日本ロボット工業会 システムエンジニアリング部会長)

講演1

ロボットシステムインテグレータに関する政策動向について

小林 寛

(経済産業省 製造産業局 産業機械課 ロボット政策室 技術総括係長)

講演2

SIerの重要性と役割

羅本 礼二

(ミツイワ株式会社 代表取締役社長)

講演3

産業ロボットの検定制度導入の取り組み ~産業ロボットの教育現場が躍る、今~

渡辺 亙

(株式会社バイナス 代表取締役社長)

講演4

日本のお家芸である、ロボットを活用した中小企業の未来

髙丸 正

(髙丸工業株式会社 代表取締役)

講演5

中国自動化市場変革に対応するSIerソリューション ビジネスモデル

石川 憲三

(Shanghai Comtech Automation System Co.,Ltd. 高級顧問 日本市場代表)

会議棟7F 703会議室

14:00〜17:00

14:00〜17:00

  • 定員 90名
  • 有料

ロボット×IoT×AIで達成するダイナミックセル生産

産ロボメーカー独自のIndustry4.0の取り組みを解説。需要予測・保守・協調安全など注目アプリを紹介します。

お申込・詳細は下記外部サイトよりご確認ください。
http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1259

メインステージ 東6ホール内

10:30〜12:00

10:30〜12:00

  • 6M-8
  • 定員 500名
  • 日英同時通訳
  • 無料

ユニバーサル未来社会推進フォーラム
(第7回ユニバーサル未来社会推進協議会)

東京2020大会会場周辺地域等における先端ロボット技術のショーケース化を目的として設置された協議会を開催します。

登壇者

ユニバーサル未来社会推進協議会 会長 / 文部科学大臣 補佐官 / 東京大学 教授 / 慶應義塾大学 教授
鈴木 寛

鈴木 寛氏

日本障害者スキー連盟 理事 / 日本パラリンピアンズ協会(PAJ) 副会長 / 電通パブリックリレーションズ
大日方 邦子

大日方 邦子氏

理化学研究所 革新知能統合研究センター センター長 / 東京大学大学院 新領域創成科学研究科複雑理工学専攻 教授
杉山 将

杉山 将氏

慶應義塾大学 SFC研究所 所長 / 環境情報学部 教授
田中 浩也

田中 浩也

一般社団法人アスリートソサエティ 代表理事 / 元陸上競技選手
為末 大

為末 大氏

千葉工業大学 理事 / 未来ロボット技術研究センター 所長
古田 貴之

古田 貴之氏

ヤフー  副社長執行役員 最高執行責任者(COO) コマースグループ長
川邊 健太郎

川邊 健太郎氏

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 イノベーション推進室 室長 / テクノロジーサービス局 次長
平田 英世

平田 英世氏

武蔵野大学 学長
西本 照真

西本 照真氏

13:30〜15:00

13:30〜15:00

  • 6M-9
  • 定員 500名
  • 日英同時通訳
  • 無料

人とロボットがつながる社会へ
~ライブ・ドリアード2017第一部
司会:2017ミス日本みどりの女神 野中 葵

ロボットが日本の農業を救う(?)
農業・食品産業分野におけるロボット活用の可能性

ロボット・AI、VR等、各分野の第一人者を招いてフォーラムを開催します。

講演

東京大学大学院
工学系研究科 特任准教授  松尾 豊

松尾 豊氏

パネルディスカッション

《パネリスト》

東京大学大学院
工学系研究科 特任准教授  松尾 豊

松尾 豊氏

エムスクエアラボ
代表取締役 加藤 百合子

加藤 百合子氏

農林水産省
農林水産技術会議事務局長 別所 智博

加藤 百合子氏
《モデレーター》

日本総合研究所
創発戦略センター シニアスペシャリスト 三輪 泰史

三輪 泰史氏

15:15〜17:00

15:15〜17:00

  • 6M-10
  • 定員 500名
  • 日英同時通訳
  • 無料

人とロボットがつながる社会へ
~ライブ・ドリアード2017第二部
司会:2017ミス日本みどりの女神 野中 葵

ロボットベンチャーが創る未来
〜ドローン最新利活用事例と今後の展望〜

自律制御システム研究所
取締役 鷲谷 聡之

鷲谷 聡之氏

SEQSENSE
CTO 黒田 洋司

黒田 洋司氏

GROOVE X
代表取締役 林 要

林 要氏

ロボット、AI、テレイグジスタンスが創る社会

パネルディスカッション

《パネリスト》

ヤフー
チーフストラテジーオフィサー 安宅 和人

安宅 和人氏

東京大学
名誉教授 舘 暲

舘 暲氏

女優
NHK「サイエンスZERO」ナビゲーター 南沢 奈央さん

南沢 奈央氏
《モデレーター》

経済産業省
産業技術環境局長 末松 広行

末松 広行氏

17:00〜18:00

17:00〜18:00

人とロボットがつながる社会へ
~ライブ・ドリアード2017

ドリア・イデアによる歌・弦楽含む音楽演奏

会議棟6F 607・608会議室

10:00〜17:00

10:00〜17:00

  • CR-7
  • 定員 200名
  • 無料

AMEDロボット介護機器開発・導入促進事業成果報告会

経済産業省におけるロボット介護機器に関する取組について

経済産業省

製造産業局産業機械課ロボット政策室 課長補佐 石田 智樹


「ロボット介護機器開発・導入促進事業」について

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)

産学連携部医療機器研究課 主幹 君島 達也


事業成果報告

セッション1 

「人」に役立ち「介護の質」の向上に貢献するロボット介護機器開発

国立研究開発法人 産業技術総合研究所

ロボットイノベーション研究センター 招聘研究員 大川 弥生

セッション2 効果性能基準

ロボット介護機器の設計支援技術

国立研究開発法人 産業技術総合研究所

知能システム研究部門 副研究部門長 吉田 英一

ロボット介護機器の効果評価技術

国立研究開発法人 産業技術総合研究所

ロボットイノベーション研究センター センター長 比留川 博久

セッション3 安全評価基準

ロボット介護機器のリスクアセスメント手順とひな形シート

(独)労働者健康安全機構

労働安全衛生総合研究所 労働災害調査分析センター センター長 池田 博康

ロボット介護機器の適合性評価手法

一般財団法人 日本品質保証機構

認証制度開発普及室 主幹 清水 雄一郎

身体装着型ロボットの安全基準

名古屋大学大学院

工学研究科機械システム工学専攻 教授 山田 陽滋

ロボット介護機器の安全検証計画と試験

一般財団法人 日本自動車研究所

ロボットプロジェクト推進室 室長 藤川 達夫

ロボット介護機器の標準化推進

一般社団法人 日本ロボット工業会

技術部長 三浦 敏道

一般社団法人 日本福祉用具・生活支援用具協会

事務局次長 板東 哲郎


『プロジェクト活動の総括』得られた成果と今後の進め方

大阪工業大学

工学部ロボット工学科 教授/ロボット介護機器開発・導入促進事業PS 本田 幸夫

お申込・詳細は下記外部サイトよりご確認ください。
http://robotcare.jp/?p=6127

ワークショップ会場C 東6ホール入口

10:30〜11:15

10:30〜11:15

  • 6C-4
  • 定員 100名
  • 無料

制御システム関係者が考えるべきサイバー脅威 〜その動向と対策〜


13:30〜15:40

13:30〜15:40

  • 6C-4
  • 定員 100名
  • 無料

スマートものづくり支援機関全国連絡会議
~中小企業へのConnected Industriesの推進に向けて~

現在、地域の中堅中小企業の人手不足対策、生産性向上を目的として、ロボット・ IoT等の活用普及をすべく、各地域、各団体等で推進にむけた活動が行われている。 これらの”Connected Industries”を推進する各地域の取り組み、ネットワークを見 える化し、関連活動内容や課題を横断的に共有することで、①地域ネットワークの強 化、②横断的ノウハウの共有、③横断的課題の抽出を目指す。 その第一段階として、まずは①地域ネットワークの強化、②横断的ノウハウの共有を 目的として、各地域、各団体等の取組内容を広く情報共有する場を設ける。

開会挨拶

経済産業省

製造産業局長 多田 明弘

取組紹介

スマートものづくり応援隊事業者(3拠点)事例紹介

(公財)ソフトピアジャパン

事業連携室 企業支援担当 課長補佐 難波田 隆雄

大阪商工会議所

経済産業部 産業・技術振興担当 課長 土居 英司

(公財)ひろしま産業振興機構

ひろしまものづくり人材育成センター センター長 住井 雄二

地方版IoT推進ラボの事例紹介

(公財)静岡県産業振興財団

革新支援グループ マネージャー 長井 善郎

商工会議所ものづくり担当者連絡会議取組紹介

日本商工会議所

情報化推進部 高木 康行

IVI地域セミナー活動取組紹介

IVI

理事長 西岡 靖之

関連した取組の紹介

ITコーディネータ協会の取組紹介

RRI中堅中小AGの取組紹介

ロボット革命イニシアティブ協議会

中堅中小AG 主査 松島 桂樹

ロボットSIer事業の取組紹介

経済産業省

産業機械課 係長(技術総括・SIer育成) 小林 寛

会議棟7F 703会議室

13:30〜17:00

13:30〜17:00

  • 定員 90名
  • 有料

協働ロボットシステムの安全確保と
コラボレ-ティブオペレーションの最新動向

協働ロボットシステムの構築手順やリスク低減策を解説。ロボットとの協調作業の動向、資格制度を紹介します。

お申込・詳細は下記外部サイトよりご確認ください。
http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1242

メインステージ 東6ホール内

15:00〜16:30

15:00〜16:30

  • 6M-14
  • 定員 500名
  • 無料

AI・音声認識フォーラム
音声認識を使ったサービスのこれから

 LINEやアメリカのアマゾン・ドット・コム、グーグルといった企業が続々とAIスピーカを発売し、音声によるインターフェースの時代が訪れようとしています。音声認識は騒がしい場所での聞き取りが不十分など、まだ発展途上の技術ですが、AI技術の中のディープラーニングの活用により多様な音声認識が可能となっており、日々の業務や暮らしへの広がりが期待されます。
 本セッションでは、音声認識技術の第一人者である京都大学の河原教授に同分野の技術トレンドをお話いただいきます。後半のパネルディスカッションでは、過去の研究プロジェクトや新進気鋭のベンチャー企業によるAIや音声認識技術を活用したサービスの最新動向を紹介します。併せて、長時間会話した音声データを文字にする議事録作りのような仕事への応用や、新聞記者のような記事作成システムの実現可能性についても迫ります。

基調講演(15:00~15:40)

音声認識の主たる用途と技術トレンド(仮)

京都大学

教授 河原 達也

河原 達也氏

パネルディスカッション(15:40~16:30)

AI・音声認識を使ったサービスが今できることと、その近未来(仮)

《パネリスト》

京都大学
教授 河原 達也

河原 達也氏

サインウェーブ
代表取締役社長 赤池 雅光

赤池 雅光氏

澪標アナリティクス
代表取締役社長 井原 渉

井原 渉氏
《モデレーター》

日刊工業新聞社
編集局第一産業部・記者 石橋 弘彰

石橋 弘彰氏

ワークショップ会場C 東6ホール入口

10:00〜17:00

10:00〜17:00

  • 6C-6
  • 定員 40名
  • 無料

ロボットシミュレータChoreonoid講習会

オープンソースの統合ロボットシミュレータ「Choreonoid(コレオノイド)」の概要と使用方法に関する講習を行います。

講師:産業技術総合研究所 中岡慎一郎

プログラム(※部分的な参加も可)

イントロダクション(10:00〜10:50)

Choreonoidの概要や応用事例について紹介します。World Robot Summit 2018においてChoreonoidを用いたシミュレーション競技として開催予定のトンネル事故災害対応・復旧チャレンジについても紹介します。

実習 1(11:00〜12:00)

Choreonoidの基本操作を学びます。

実習 2(13:00〜14:50)

シミュレーション用ロボットモデルの作成方法を学びます。

実習 3(15:00〜16:50)

シミュレーション用のロボット制御プログラム(コントローラ)の作成方法を学びます。


お申込・詳細は下記外部サイトよりご確認ください。
http://choreonoid.org/ja/workshop.html


※ 既に事前登録をされた方へ: 実習に参加するにあたってはChoreonoidをインストールしたノートパソコンの持参が必要となります。詳細は上記サイトをご確認ください。

会議棟6F 607会議室

13:00〜17:00

13:00〜17:00

  • 定員 50名
  • 有料

ディープラーニングを使った画像処理入門―中級編

オープンソースの「TensorFlow」を使ってディープラーニングの仕組みと画像処理を構築する手法を学びます。

お申込・詳細は下記外部サイトよりご確認ください。
http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1257

会議棟6F 608会議室

14:00〜17:00

14:00〜17:00

  • 定員 80名
  • 有料

ロボット×AIoTで達成するサービス・イノベーション

ロボットを起点に生産性向上につなげた先進事例を紹介。ロボ×AIoTによるサービス革新の進め方を学びます。