SAMPE JAPAN2018 先端材料技術展 SAMPE JAPAN2018 HOME 先端材料技術展(SAMPE JAPAN) 日刊工業新聞社

入場料1,000円(事前登録者・招待券持参者・中学生以下は無料)

出展対象

自動車、航空、宇宙、エネルギーなど様々な分野における「高性能化」「高付加価値」「軽量化」「高強度化」等を実現する先端材料及びその応用技術

材料・製品
●炭素繊維(PAN系・ピッチ系)
 フィラメント/トウ/ステープルヤーン/クロス/ブレード/チョップド
 /ミルド/フェルト・マット/ペーパー/コンパウンド 等
●炭素繊維複合材料
 CFRP(炭素繊維強化プラスチック)
 CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性プラスチック)/ C/Cコンポジット
 /プリプレグ 等
●高機能繊維
 アラミド繊維 等
●アルミニウム/マグネシウム/チタン
●エンプラ/スーパーエンプラ/発泡樹脂
●ハイテン/特殊鋼板
●セラミックス/ファインセラミックス/軽量化ガラス
●セルロースナノファイバー、関連製品
●軽量化・高強度化製品・部品
●カーボンナノチューブ
技術・機械
●材料・製品設計
 材料試験/検査/シミュレーション/試作 等
●各種材料の成形加工/複合化
●各種材料のリサイクル
●上記技術に関わる機械・検査/測定器
●その他

出展要項・料金

出展料金
(1小間・税込)
1小間(間口2.97m×奥行2.97m×高さ2.7m)約9㎡につき以下の通りです。
SAMPE会員企業・・・ 313,200円(税込)
非会員企業・・・ 324,000円(税込)
出展申込方法
出展申込書に必要事項をご記入の上、下記事務局へ提出してください。
申込書送付先
日刊工業新聞社 業務局 イベント事業部
「SAMPE Japan 先端材料技術展2018」展示会事務局
〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1
TEL:03-5644-7221 FAX:03-5641-8321
申込み締切り 2018年6月29日(金)
出展料金のお支払い
申込み内容を確認後、請求書を送付いたしますので、本展示会開催の1ヶ月前【2018年9月18日(火)】までに下記の金融機関に必ずお振り込み下さい。
口座名:㈱日刊工業新聞社
りそな銀行 東京営業部 当座 656007
みずほ銀行 九段支店 当座 21049
三菱UFJ銀行 神保町支店 当座 9000445
三井住友銀行 神田支店 当座 1023771
出展契約の変更
または取り消し
出展申込後の変更、取り消しは文書にてその理由を明記し、事務局の承認を得てください。出展取り消しに際しては次の通りキャンセル料が発生いたします。
申込書受理日〜出展者説明会前日まで 出展料金の50%
出展者説明会当日以降 出展料金の100%
スケジュール
6月29日(月)出展申込締切
8月上旬 出展者説明会
9月上旬 諸届け提出期限
10月15日(月)~16日(火) 搬入・装飾施工
10月17日(水)~19日(金) 会期(終了後即日搬出)
横列小間要領
  • 1小間の寸法は、間口2.97m×奥行き2.97m×高さ2.7mとします。
  • 後壁、間仕切り、突出し社名板(横45㎝×縦30㎝)を設けます。
  • 後壁、間仕切りは、システムパネル(白色仕上げ)で設置します。
  • カド小間の場合は、通路側の側壁は設置しません。
  横列小間
複列小間及び島小間要領
  • 小間の面積及び間口寸法・奥行き寸法は、イラストの小間様式を参考にして下さい。
  • 間仕切り、突出し社名板(横45㎝×縦30㎝)を設けます。
  • 社名板は、事務局により各小間の装飾完成後、見やすい位置に取り付けます。
  • 島小間の位置・寸法表示は、床上に見やすい目印をつけます。
    ※小間形態は申込状況によりご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。
複列小間・島小間

出展者セミナーのご案内

出展者による「製品・技術説明会」の場を提供します。

ご希望の出展者は出展申込書に希望枠をご記載ください。

会場 「SAMPE Japan 先端材料技術展2018」内 出展者セミナー会場
実施費用 無料
定員 50名
備品 演台、プロジェクター、マイク、スクリーン、パソコン、レーザーポインターを各一台
募集枠 10/17(水)~19(金)で計15セッション
注意事項
セミナーの発表者は、本展示会の出展者に限ります。
参考資料等は発表者にてご用意ください。
聴講料は無料とさせていただきます。
タイムスケジュールと
セッション枠

申込締切:2018年6月29日(金)

※申込受付終了後、事務局にて発表枠を決定いたします。

事前マッチングシステムのご案内(無料)

※クリックで拡大画像が別窓で開きます

- 同時開催展 - - - - - - - -

モノづくりマッチングJapan 2018

2018洗浄総合展

Japan Robot Week 2018

↑ PAGE TOP