加工の極限を追求/進化する表面処理技術の総合展

自動車、航空・宇宙、電気・電子、医療機器、食品加工など、さまざまな製造業各分野で求められる“より高精度な加工”、“他には出来ない独自加工”。そして、それらを実現する機器・技術。

2019年、日刊工業新聞社はモノづくりの総合展『モノづくりマッチングJapan』と、『難加工技術展』を統合、【高精度・難加工技術展】としてリニューアルし、開催いたしました。今回も[3D造形技術/AMゾーン][試作市場(試作加工受託ゾーン)]を設け、さまざまなモノづくりのニーズに対応する、高度な技術力と関連機器を一堂に紹介いたします。

『表面改質展』は、2009年から大阪・名古屋・横浜で開催し、今回はじめて東京ビッグサイトで開催いたします。耐摩耗性や耐久性を向上させることにより、製品の高付加価値化・高機能化を実現させる各種技術をはじめ、それらを計測する精密機器を交え、一堂に紹介いたします。

また昨年同時開催いたしました『洗浄総合展』『SAMPE Japan 先端材料技術展』『VACUUM真空展』に、生産・製造現場の先進化・効率化をテーマとした『スマートファクトリーJapan』が加わり、さらなる集客を図っていきます。

展示製品・内容

【高精度・難加工技術展】

  • 高精度加工
  • 超高速加工
  • 高能率加工
  • 難削材加工
  • 難加工材成形
  • 難形状加工に関わる技術・機械機器・周辺要素・サービスなど

《特設ゾーン》

  • 『3D造形技術/AM(アディティブ・マニュファクチャリング)ゾーン』

  • 『試作市場(試作加工受託ゾーン)』

【表面改質展】

  • 熱処理・表面改質関連(焼き入れ、浸炭、窒化、PVD、CVD、イオン注入、 プラズマ処理など)
  • 溶射関連
  • めっき関連
  • ショットピーニング
  • 高エネルギー加工関連(レーザーによる表面改質など)
  • その他表面処理関連にかかわる技術・機械機器・周辺要素・サービスなど

お問い合わせ先

日刊工業新聞社関連イベント

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

来場事前登録(新規登録)

※来場事前登録が完了すると、講演・セミナー申込画面に進みます。

来場者マイページ(登録情報変更)

※来場事前登録済みで、登録情報や講演・セミナー申込内容を変更したい方はこちらから。

プレス登録

※メディア関係者で、本展への取材希望の方はこちらからご登録ください。