ご出展にあたり、各自治体の補助金・助成金を活用できる場合があります。

助金事業・助成金事業の条件や内容、申込方法は各自治体・団体のWebサイト等でご確認ください。

前回(2021年)結果報告

事務局メールアドレスの変更について

事務局メールアドレスが「autumnfair@nikkan.tech」に変更となりました。

ドメイン「@nikkan.tech」の受信ができるよう、設定をお願いいたします。

新着情報

2022/1/28
出展者募集を開始しました
(2022年2月末まで早期申込割引実施中)

加工の極限を追求/進化する表面処理技術の総合展

多様化するモノづくりの課題・ニーズに対し、最適なソリューションを提供する“技術の専門展”

自動車、航空・宇宙、電気・電子、医療機器、食品加工など、製造技術が求められる分野は多様化しています。こうした背景の中でも普遍的に求められるのは、他にはない高付加価値や高機能といったオンリーワンの“技術”です。

『高精度・難加工技術展』は極限の追求をテーマに、より高度な製造技術を紹介するとともに、今後のモノづくりを支える革新分野の一つである3Dプリンター関連技術を発信する[3D造形技術/AMゾーン]と多品種少量生産や短納期を可能にし、製品開発において重要な役割をもつ試作に特化した[試作市場(試作加工受託ゾーン)]を設置します。

『表面改質展』は表面処理技術の総合展として、熱処理やめっきなどによる耐摩耗性向上、長寿命化で高付加価値化・高機能化を実現する各種技術を紹介します。

それぞれに専門性の高い他6展との同時開催により、技術発信の場としてさらなる集客を図ります。

本展示会の開催趣旨にご理解いただき、ぜひご出展賜りますよう、ご案内申し上げます。

展示製品・内容

【高精度・難加工技術展】

  • 高精度加工
  • 超高速加工
  • 高能率加工
  • 難削材加工
  • 難加工材成形
  • 難形状加工
  • 金属粉末射出成形にかかわる技術・機械機器・周辺要素・サービスなど

《特設ゾーン》

  • 『3D造形技術/AM(アディティブ・マニュファクチャリング)ゾーン』

  • 『試作市場(試作加工受託ゾーン)』

【表面改質展】

  • 熱処理・表面改質関連(焼き入れ、浸炭、窒化、PVD、CVD、イオン注入、 プラズマ処理など)
  • 溶射関連
  • めっき関連
  • ショットピーニング
  • 高エネルギー加工関連(レーザーによる表面改質など)
  • その他表面処理関連にかかわる技術・機械機器・周辺要素・サービスなど

お問い合わせ先

日刊工業新聞社関連イベント

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

来場事前登録(新規登録)

※来場事前登録が完了すると、講演・セミナー申込画面に進みます。

来場者マイページ(登録情報変更)

※来場事前登録済みで、登録情報や講演・セミナー申込内容を変更したい方はこちらから。

プレス登録

※メディア関係者で、本展への取材希望の方はこちらからご登録ください。