出展対象

本展示会では、下記に該当する企業・団体及び関連する支援機関・連携体・共同受注体などを出展対象とします。

高精度・難加工技術展

技術分野

高精度加工 超高速加工 高能率加工 難削材加工 難加工材成形 難形状加工 など

機械・機器/周辺要素分野

工作機械 研削盤 特殊加工機 工作機器 工具 検査・測定機器 油剤 周辺システム・関連要素(治具、軸受、ベアリング、モーター、ねじ、ばね など) など

関連サービス分野

開発支援 コンサルティング 受託加工サービス 出版物・広報・文献 など

特設ゾーン

3D造形技術 / AM(アディティブ・マニュファクチャリング)ゾーン 《複雑形状、軽量化を実現!》

3Dプリンター ラピッドプロトタイピング機器 積層造形(AM)装置 複合加工機 金型製造・補修 サービスビューロー リバースエンジニアリング 材料 表面処理・仕上げ ソフトウェア 評価測定装置 コンサルティングサービス など

試作市場(試作加工受託ゾーン)

試作加工 試作関連機器 CAD/CAM 受託製造 関連サービス など

表面改質展

技術分野

熱処理・表面改質関連(焼き入れ、浸炭、窒化、PVD、CVD、イオン注入、 プラズマ処理など) 溶射関連 めっき関連 ショットピーニング 高エネルギー加工関連(レーザーによる表面改質など) その他表面処理関連

機械・機器/周辺要素分野

粉体塗装関連 洗浄関連機器 加工設備関連(熱処理炉、真空炉、 蒸着装置など) 表面処理を施した部品および製品

測定装置分野

精密測定装置・試験機器関連(膜厚測定装置、 AE測定装置、分光試験装置など)

関連サービス分野

開発支援 コンサルティング 受託加工サービス 出版物・広報・文献 など

来場対象

経営層、マネジメント層 各種製造メーカー(航空・宇宙、自動車、医療、精密機器、電気・電子など) 研究、開発、設計部門 購買・調達部門 EMS/OEM発注企業 など

小間タイプ・料金/スケジュール

小間タイプ

タイプA

1小間 約9㎡

(間口2.97m×奥行2.97m×高さ2.7m)

330,000円(税込)

タイプB中小企業のみ申込可

1小間 約6㎡

(間口2.97m×奥行1.98m×高さ2.7m)

275,000円(税込)

※電源・照明・カーペット等は付いておりません。

※角小間の場合は、出展者のご要望がない限り、通路側の壁は設けません。

参考パッケージディスプレイ料金

展示と装飾を簡略化し、出展経費節減をサポートします。

【タイプA(1小間)対応】

出展料+82,500円(税込)

【タイプB(1小間)対応】

出展料+74,250円(税込)

※2小間以上についてもご用意できます。

※電気を1kW以上を使用の場合は、別途電気幹線工事費と電気使用料がかかります。

その他プランなど詳細とお申し込み方法は出展者説明会【2020年 8月初旬】でご案内いたします。

申込方法

出展申込書

出展申込方法

申込締切:2020年6月30日(火)

出展申込書に必要事項をご記入の上、事務局までメールまたは郵送にてお送りください。

出展料金のお支払い

申込書の内容を確認後、請求書を送付いたします。

本展開催日の1ヶ月前2020年9月11日(金)までに必ずお支払いください。

出展契約の変更または取り消し

既に申し込まれた小間に対する変更または取り消しは、全て文書にてその理由を明記し、事務局の承認を得てください。

出展取り消しに際しては次の通りキャンセル料が発生いたします。

申込書受理日〜出展者説明会前日まで:出展料金の50%

出展者説明会当日以降:出展料金の100%

スケジュール

出展規定

1小間位置の決定、小間譲渡等の禁止
  • 1.小間位置については出展物の内容・形状・申込順位・小間数・会場構成等を総合的に勘案し、事務局で決定いたします。
    小間位置は出展者説明会(2020年8月初旬予定)にて出展者に発表します。
  • 2.割り当てられた小間の一部または全部を事務局の承諾なしに譲渡、または貸与することはできません。また、転貸、担保に供することを禁止します。
2支払い日と支払い方法

出展申込書の受付確認後に請求書を発行いたしますので、本展開催日の約1カ月前[2020年9月11日(金)]までにお支払いください。

出展申込書に「支払い予定日」を明記してください。振込の場合には下記のいずれかの銀行にお願いいたします。

※振込手数料は出展者様にてご負担ください。

口座名:(株)日刊工業新聞社

  • りそな銀行

    東京営業部

    当座

    656007

  • みずほ銀行

    九段支店

    当座

    21049

  • 三井住友銀行

    神田支店

    当座

    1023771

  • 三菱UFJ 銀行

    神保町支店

    当座

    9000445

3出展契約の変更または取り消し

出展内容が本展趣旨にそぐわない場合は受付をお断りすることがありますのであらかじめご了承ください。また、出展者がすでに申し込まれた小間に対する変更または取り消しをする場合は、全て文書にてその理由を明記し、事務局の承認を得てください。

※出展を取り消された場合、下記の通りキャンセル料を申し受けます。

申込書受理から出展者説明会前日まで
出展料の50%
出展者説明会当日以降
出展料の100%
4出展物の管理保全
  • 1.事務局は管理者として注意を払って会場全般の管理にあたります。ただし、各出展物の管理は出展者が自己の責任と費用にて行ってください。
  • 2.事務局は出展物の盗難・紛失・損傷・火災・その他天災地変等を原因とする出展物の損害に対しての一切の補償責任を負いません。従って出展者は出展物に保険を付すなどの措置をとるように配慮してください。
5危険物等の持ち込み
  • 1.引火性・爆発性の危険物の持ち込みを禁止します。また、その他消防法に定められる危険物・裸火を使用する物については所轄消防署の承諾を受けた物以外は持ち込みを禁止します(危険物の持ち込みの解除条件等については出展者説明会にてご説明いたします)。
  • 2.主催者の承諾を得られなかったもの、関連法令に抵触するおそれがあるもの、および公序良俗に反する物の持ち込みを禁止します。
6実演上の注意・事故防止
  • 1.出展物の実演は自由ですが、はなはだしい音響・発煙・発光・臭気を伴うもの、または危険を伴う実演は中止を願うことがあります。
  • 2.実演によって生じた生ゴミ・展示廃棄物は出展者が処理してください。会場内に廃棄しないようにお願いします。
  • 3.出展者は搬入出、展示、実演にあたり最善の注意を払い事故防止に努めてください。また、出展者は万全の処置を講じ、責任者の常駐をお願いします。主催者自らの責めに帰すべき場合を除き、発生した事故につき一切の責任を負いません 。
7原状回復
  • 1.出展者は、本展示会の会期終了後、所定の搬出期間を経て出展小間を原状に回復しなければなりません。ただし、出展者が原状回復工事を行わない場合は、主催者において同工事を行い、その費用は出展者が負担するものとします。
  • 2.出展者が出展小間の明け渡し後、出展者の残物がある場合、主催者により当該出展者へ連絡した後、残物を処分できることとします。また、その処分にかかる費用については、出展者が負担するものとします。
8各種工事の諸経費の負担
  • 1.小間内照明および実演に要する電気料金ならびに配線工事費は出展者の負担となります。
  • 2.電気使用申込、使用料金規定等の詳細については出展者説明会(2020年8月初旬予定)にてご説明いたします。
  • 3.小間内に給排水・エア・ガスが必要な出展者は出展者説明会にて配布いたします所定の申込用紙にてお申し込みください。
  • 4.実演等に使用する給排水・エア・ガス料金は出展者の負担となります。
9立ち入り点検
  • 1.主催者および展示会の警備・防災担当協力会社は、防火、防災対応のため必要と認められた際は、出展者の了解の上、小間内を点検することができます。
  • 2.搬入時、および会期中、主催者は防火・防災担当の管轄の行政指導により小間内を点検いたします。出展者が点検時に行政指導を受けた場合は、速やかにその指導に従うこととします。
10展示会開催の延期・中止について
  • 1.主催者は天災等の不可抗力により、展示会開催が困難と判断した場合、展示会の開催を延期または中止することがあります。また、その際に生じた損害について主催者は責任を負わないものとします。
  • 2.主催者は当初予定の目的(開催規模、来場動員目標等)を達成できないと判断した場合、展示会を中止することが出来るものとします。また、その際に生じた損害について主催者は責任を負わないものとします。
  • 3.新型コロナウイルスの影響で開催中止を決定した場合、出展料金は全額返金いたします。

同時開催展

全展において相互入場を実施いたします

事前マッチングシステム

展示会事前マッチング = 効率的な商談を!

本展示会は出展者の技術発信にとどまらず、来場者・出展者間の商談を促進する展示会です。展示会会期中に効率の高いマッチング(商談)を創出するため、事前にWebサイト上にアポイントシステムを設け、アポイント成立の際は会場内に設置する個室商談ルームを無料でご利用いただけます。出展者のマッチングを全面的にサポートいたします!

[写真]商談ルームイメージ
商談ルームイメージ

マッチングの流れ

STEP1出展者情報公開

本展公式Webサイトにて出展者情報を公開。

来場者(マッチング希望者)へ情報を提供します。

STEP2来場者登録

来場事前登録・マッチングリクエスト受付

来場者情報の事前登録に加え、希望者には事前アポイントシステムを使った、出展者とのマッチングリクエストの受付をおこないます。

STEP3商談セッティング

リクエストのあった出展者は、来場者からのリクエスト内容を吟味、応談の可否を決定

OKの際は商談ルームをご用意いたします。

※商談ルームは主催者側にて設営・管理いたします。

事前アポイント完了

ご予約頂いた日時の会場内商談ルームにてご商談を行ってください。

出展者セミナー

出展効果を高める様々な手法を自由に企画できる場として出展者に限り提供します。

展示だけでは表現しきれない新製品・技術・サービス、また導入環境や成功事例などの詳細情報を説明・発表する場としてご活用ください。

申込受付は先着順とし、タイムスケジュールは事務局で調整します。

実施費用 1セッション(40分) 55,000円 (税込)

※聴講料は全て無料とさせていただきます。配布資料は発表者にてご用意ください。

タイムスケジュール
10/14(水) 10/15(木) 10/16(金)
10:30〜11:10 A G M
11:30〜12:10 B H N
12:30〜13:10 C I O
13:30〜14:10 D J P
14:30〜15:10 E K Q
15:30〜16:10 F L -
セミナー実施イメージ

来場プロモーション

紙面報道と連動した継続的な来場プロモーションにより、ユーザーとなる製造業の関係者を動員します。

日刊工業新聞紙上にて出展者の技術紹介を行うほか、加工技術に関する最新動向を取材して情報発信します。また、紙面と連動してイベントを展開することにより、全産業の購読者に対してPRを行っていきます。

「日刊工業新聞」で全国全産業のユーザーに対して告知・動員を図ります。社告や広告はもとより、開催前の出展者の紹介、会期に合わせた特集記事などを通じて、エンドユーザーの確実な来場につなげます。

独自のDMリストを用いて、国内・外の関係企業や団体に本展の招待券を送付いたします。また、出展者には、本展の招待券を無料提供し出展者の来場動員をサポートします。

日刊工業新聞のニュースやオリジナルコンテンツを、より分かりやすく、「航空・宇宙」、「クルマ新時代」、など18の旬なテーマを用意し、日刊工業新聞社の記者と社外の専門家が、ためになるワンポイント情報を配信しています。

本サイトと連動した情報発信で、新聞購読者層以外にもアプローチしていきます。

https://newswitch.jp

日刊工業新聞社が発行している「プレス技術」「型技術」など専門雑誌にも記事及び広告を掲載します。

その他、多くのツールを活用し、来場動員を促します!!

開催実績

開催規模(2019年)

「高精度・難加工技術展」
出展者数
205社・団体 186小間
来場者数
9月4日(水) 9月5日(木) 9月6日(金) 合計

3,139名

曇り/晴れ

3,847名

晴れ

3,938名

晴れ

10,924名
「表面改質展」
出展者数
71社・団体 73小間
来場者数
9月4日(水) 9月5日(木) 9月6日(金) 合計

2,432名

曇り/晴れ

2,501名

晴れ

2,658名

晴れ

7,591名
※弊社主催の同時開催展に複数登録の方は重複してカウントしています。

同時開催展の前回来場者数

2019洗浄総合展:25,050名

SAMPE Japan 先端材料技術展2019:12,041名

VACUUM2019真空展:10,815名

スマートファクトリー Japan2019:26,333名

過去の出展者一覧(50音順・2019年)

過去の出展者一覧はこちら

前回(2019年)の主な来場者

2019年「高精度・難加工技術展/表面改質展」の主な来場者はこちら

来場者アンケート

2019年「難加工技術展/表面改質展」【会場:パシフィコ横浜】

1.あなたの業種は?
2.あなたの職種は?
3.あなたの役職は?
4.あなたの来場目的は?
5.目的は達成されましたか?

出展者の声

2019年「難加工技術展/表面改質展」【会場:パシフィコ横浜】

1.今回の出展について
2.来場者層について

お問い合わせ先

日刊工業新聞社関連イベント

日刊工業新聞社関連サイト・サービス