出展対象

本展示会では、下記に該当する企業・団体及び関連する支援機関・連携体・共同受注体などを出展対象とします。

高精度・難加工技術展

技術分野

高精度加工 超高速加工 高能率加工 難削材加工 難加工材成形 難形状加工 など

機械・機器/周辺要素分野

工作機械 研削盤 特殊加工機 工作機器 工具 検査・測定機器 油剤 周辺システム・関連要素(治具、軸受、ベアリング、モーター、ねじ、ばね など) など

関連サービス分野

開発支援 コンサルティング 受託加工サービス 出版物・広報・文献 など

特設ゾーン

3D造形技術 / AM(アディティブ・マニュファクチャリング)ゾーン 《複雑形状、軽量化を実現!》

3Dプリンター ラピッドプロトタイピング機器 積層造形(AM)装置 複合加工機 金型製造・補修 サービスビューロー リバースエンジニアリング 材料 表面処理・仕上げ ソフトウェア 評価測定装置 コンサルティングサービス など

試作市場(試作加工受託ゾーン)

試作加工 試作関連機器 CAD/CAM 受託製造 関連サービス など

表面改質展

技術分野

熱処理・表面改質関連(焼き入れ、浸炭、窒化、PVD、CVD、イオン注入、 プラズマ処理など) 溶射関連 めっき関連 ショットピーニング 高エネルギー加工関連(レーザーによる表面改質など) その他表面処理関連

機械・機器/周辺要素分野

粉体塗装関連 洗浄関連機器 加工設備関連(熱処理炉、真空炉、 蒸着装置など) 表面処理を施した部品および製品

測定装置分野

精密測定装置・試験機器関連(膜厚測定装置、 AE測定装置、分光試験装置など)

関連サービス分野

開発支援 コンサルティング 受託加工サービス 出版物・広報・文献 など

来場対象

経営層、マネジメント層 各種製造メーカー(航空・宇宙、自動車、医療、精密機器、電気・電子など) 研究、開発、設計部門 購買・調達部門 EMS/OEM発注企業 など

開催実績

開催規模(2019年)

「高精度・難加工技術展」
出展者数
205社・団体 186小間
来場者数
9月4日(水) 9月5日(木) 9月6日(金) 合計

3,139名

曇り/晴れ

3,847名

晴れ

3,938名

晴れ

10,924名
「表面改質展」
出展者数
71社・団体 73小間
来場者数
9月4日(水) 9月5日(木) 9月6日(金) 合計

2,432名

曇り/晴れ

2,501名

晴れ

2,658名

晴れ

7,591名
※弊社主催の同時開催展に複数登録の方は重複してカウントしています。

同時開催展の前回来場者数

2019洗浄総合展:25,050名

SAMPE Japan 先端材料技術展2019:12,041名

VACUUM2019真空展:10,815名

スマートファクトリー Japan2019:26,333名

過去の出展者一覧(50音順・2019年)

過去の出展者一覧はこちら

前回(2019年)の主な来場者

2019年「高精度・難加工技術展/表面改質展」の主な来場者はこちら

来場者アンケート

2019年「難加工技術展/表面改質展」【会場:パシフィコ横浜】

1.あなたの業種は?
2.あなたの職種は?
3.あなたの役職は?
4.あなたの来場目的は?
5.目的は達成されましたか?

出展者の声

2019年「難加工技術展/表面改質展」【会場:パシフィコ横浜】

1.今回の出展について
2.来場者層について

お問い合わせ先

日刊工業新聞社関連イベント

日刊工業新聞社関連サイト・サービス