SAMPE Japan 講演プログラム 会場西1ホール内 SAMPE Japan特別ステージ

  • すべて聴講無料
  • 事前登録者優先

※空席があれば当日受付も行います。

T-1110:30~11:20

『エアバスの水素燃料を用いるゼロエミッション航空機』

聴講申し込みはこちら

エアバスは、水素を燃料とする世界初のゼロエミッション民間航空機を開発し、2035年までにゼロエミッション航空機の就航を目指す。水素燃料はクリーンな航空燃料として非常に有望であり、航空機業界全体の脱炭素化を先導する。

Stephane GINOUX 氏
講師

Airbus Japan

President

Stephane GINOUX

T-1211:35~12:25

基調講演『未来へ、先端材料が開く持続可能な社会』

聴講申し込みはこちら

持続可能な社会の実現は、複合材料の主要顧客である航空機や自動車産業においても大きな課題となっている。 今回、帝人グループの事例も交えて持続可能な社会の実現に向けた取り組みについて紹介する。

内川 哲茂 氏
講師

帝人

複合成形材料事業本部 副本部長(日本担当)複合材料技術開発センター長

山田 佳樹

※(10/28)招待状記載の情報から講師が変更となっております。

T-1312:40~13:30

『次世代モビリティの開発における複合材料の可能性』

聴講申し込みはこちら

複合材料は「空飛ぶ車」や「宇宙旅行旅客機」に代表される新しいモビリティの開発に幅広く適用されることが見込まれる。また、複合材活用による軽量化は全てのモビリティに強く求められるCo2排出量の削減等、サステナビリティ具現化に大きく寄与する。上記について、東レ・カーボンマジックが取り組んだ開発案件を事例に解説する。

奥 明栄 氏
講師

東レ・カーボンマジック

代表取締役社長

奥 明栄

T-1413:45~14:35

『COIから学んだ新たな挑戦』

聴講申し込みはこちら

今の夢、10年後の常識から始まったCOIへの参画は、「カーボン住宅を検討せよ」の上司の一言から始まった。現在は、アンダーワンルーフの活動に大きな影響を受け、「みらい価値共創センター」を開所し挑戦を続けている。

池端 正一 氏
講師

大和ハウス工業

理事 みらい価値共創センター長

池端 正一

T-1514:50~15:40

『パラアスリートと共に創るレガシーとは?』

聴講申し込みはこちら

CFRP製競技用義足ブレードの開発を通じて、各アスリートのパフォーマンスを最大化するパーソナライゼーション技術の構築に取り組みについて、 なぜこのような取り組みを行っているか、その’レガシー’へ向けたビジョンと共に紹介する。

下野 智史 氏
講師

地球快適化インスティテュート

フューチャーデザイン室 シニアリサーチャー

下野 智史

T-1615:55~16:45

『リサイクル炭素繊維(rCF)の現状と新しい展開』

聴講申し込みはこちら

CFRP成形端材、プリプレグ残材および使用済みCFRP部品から回収された、新品CFに近い性能のrCFは、LCA値が鉄鋼並みに低く、多様な2次加工性のSDGs対応CFRTP材として市場での繰り返し使用が期待される。

杉野 守彦 氏
講師

富士加飾

代表取締役(CEO)

杉野 守彦

T-2110:20~11:00

『高機能繊維と木材の複合による新建材がもたらす可能性』

聴講申し込みはこちら

帝人は2015年より、高機能繊維と木材を複合し、木材同等の軽量性と鉄骨並みの高い剛性を併せ持つ建築用構造材 『LIVELY WOOD』を開発してきた。本講演では、これまでの実績や今後の展開について紹介する。

松尾 淳 氏
講師

帝人

マテリアル新事業部門 スマート&セーフティ事業推進班

松尾 淳

T-2211:15~11:55

『スポーツ用具への炭素繊維強化複合材料の適用事例』

聴講申し込みはこちら

炭素繊維強化複合材料をスポーツ用具に適用した事例を紹介する。
熱硬化性、ならびに、熱可塑性樹脂をマトリクスとした二種類の陸上競技用シューズの設計について,最新の設計手法の紹介と共に論じる。

谷口 憲彦 氏
講師

アシックス

スポーツ工学研究所 フューチャークリエーション部 部長

谷口 憲彦

T-2312:10~12:50

『CFRP製アスリート用義足の開発』

聴講申し込みはこちら

最先端のスポーツ科学研究によって導き出された板バネの設計と、それを実現したCFRPの成形技術は、パラアスリートたちの持つ身体能力を最大限に引き出した。より速く、より遠くへ、スポーツ用義足は進化を続けており、その設計と開発について紹介する。

宮田 美文 氏
講師

ミズノ

グローバル研究開発部 主任技師

宮田 美文

T-2413:05~13:55

『自動車への複合材料の適用と生産課題』

聴講申し込みはこちら

環境対応のため電動化が急速に進んでおり、バッテリーやモーターの搭載により重量が増加するため、車両の軽量化が課題となっている。自動車へのプラスチックの使用量は徐々に増加しており、外板から車体骨格への適用事例もある。本講演では、自動車のプラスチック材料について複合材料を中心に、適用事例や生産課題を説明する。

水谷 篤 氏
講師

日産自動車

エキスパートリーダー

水谷 篤

T-2514:10~15:00

『空飛ぶクルマ最新動向解説 ~空の移動革命に向けた政府の取組~』

聴講申し込みはこちら

日本を含めた世界各国において開発や実証が進められている空飛ぶクルマについての最新の動向や、空の移動革命に向けた官民協議会における議論、また「空の移動革命に向けたロードマップ」などについて解説する。

川上 悟史 氏
講師

経済産業省

製造産業局 産業機械課 次世代空モビリティ政策室 室長補佐

伊藤 貴紀

※(11/16)招待状記載の情報から講師が変更となっております。

T-2615:15~15:55

『CFRPとAMで実現するサステイナブルな未来』

聴講申し込みはこちら

Make The World Lighterというビジョンのもと、世界最大のCFRPによるAM(Additive Manufacturing)工場を保有するベンチャー企業、AREVO社の技術や今後のビジネス展開を紹介する。

田中 大祐 氏
講師

Arevo

General Manager, Japan

田中 大祐

T-2716:10~16:50

『車両のマルチマテリアル化に対応した接着剤の適用事例』

聴講申し込みはこちら

車両のマルチマテリアル化に対応した接着剤の用途展開について、弊社での主な適用事例を参考に解説。また、NEDO事業「革新的新構造材料等研究開発」に関わる弊社の取り組みについても紹介する。

松木 裕一 氏
講師

シーカ・ハマタイト ハマタイト技術部 主幹

松木 裕一

木村 和資 氏
講師

シーカ・ハマタイト ハマタイト技術部 アドバイザリーフェロー

木村 和資

※(11/1)招待状記載の情報から講師所属が変更となっております。

T-3110:30~11:20

『CFRPのLCAとリサイクル(不都合な真実・好都合な真実)』

聴講申し込みはこちら

情報があふれる中、自分に都合の良い情報だけを拾い、精査せずに使っているうちに既成事実となる危険性に社会心理学者が警鐘を鳴らしてる。CFRPのLCAとリサイクルに関する気になる現状を紹介する。

高橋 淳 氏
講師

東京大学

大学院工学系研究科 システム創成学専攻 教授

高橋 淳

T-3211:35~12:25

『3D プリント複合材料とその未来展望』

聴講申し込みはこちら

熱溶融積層法の3Dプリンタで連続繊維強 化複合材料が成形可能になり、金属3Dプリンタより安価な装置が登場している。強度、剛性の評価手法、設計手法の考え方,繊維を含む樹脂流動のシミュレーションから3Dプリンタならではの新しい構造までを解説する。

轟 章 氏
講師

東京工業大学

工学院 教授

轟 章

T-3313:00~17:00

『ブリッジコンテスト CFRP製橋梁模型の強度を競う!』

聴講申し込みはこちら

CFRPの特性を学ぶ学生達がチームを編成し製作した橋梁模型を実際に破壊し、その強度と軽量性を競います。
優勝チームは米国で開催される世界大会への参加権利を獲得!
理論と成形技術を凝縮した「破壊する」競技大会にぜひご注目ください。

ブリッジコンテスト

NEDO「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトシンポジウム
会場東京ビッグサイト アトリウム内 メインステージ

M-0812月3日(金)13:00~16:50(定員: 200名)

『サステナブルな社会の実現に向けた輸送機器の軽量化
~マルチマテリアル化の動向と課題~』

聴講申し込みはこちら

サステナブルな社会の実現に向けて、輸送機器の消費エネルギー削減や二酸化炭素排出量削減が求められています。NEDO 「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトでは、輸送機器の抜本的な軽量化の実現をめざし、軽量素材を最適に組み合わせるマルチマテリアル化の開発に取り組んでいます。本シンポジウムでは、自動車の軽量化技術について構造材の試作開発の動向を特別講演でご紹介します。また、マルチマテリアル化の設計技術、軽量素材(アルミ、CFRP)の動向、ライフサイクルアセスメントについてご紹介します。

主催

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、日刊工業新聞社

協力

モノづくり日本会議

13:00~13:05

開会の挨拶

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 理事 西村 知泰

13:05~13:10

『新構造材料技術研究組合 挨拶』

新構造材料技術研究組合 理事長 岸 輝雄

13:10~13:45

『特別講演「試作技術から見た自動車軽量化開発」』

株式会社 トピア 本社営業部 杉浦 功造

13:45~14:15

プロジェクト紹介「次世代放射光施設について」

文部科学省 科学技術・学術政策局 研究環境課長 古田 裕志

国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構

量子ビーム科学部門 次世代放射光施設整備開発センター長 内海 渉

(一財)光科学イノベーションセンター 理事長 高田 昌樹

14:15~14:25

休憩

14:25~14:35

『「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトについて』

国立研究開発法人
新エネルギー・産業技術総合開発機構 材料・ナノテクノロジー部 笹木 隆弘

14:35~15:05

『講演1「マルチマテリアル車体軽量化に関わる革新的設計技術の開発」』

国立大学法人 京都大学 西脇 眞二

15:05~15:35

『講演2「新材料の材料代替効果定量技術の開発」』

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 田原 聖隆

15:35~15:45

休憩

15:45~16:15

『講演3「輸送機用アルミニウム材料の開発動向」』

株式会社UACJ R&Dセンター 第一研究部 箕田 正

16:15~16:45

『講演4「革新炭素繊維基盤技術開発」』

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 羽鳥 浩章

16:45~     

閉会の挨拶

出展者セミナー 会場西1ホール内 出展者セミナー会場A

  • すべて聴講無料
  • 事前登録者優先

※空席があれば当日受付も行います。

A-110:30~11:10

『CFRP切断用レーザ加工システムによる加工の最前線』

聴講申し込みはこちら

CFRPの高加工品質と高生産性を両立した、最先端のレーザ加工システムとその加工事例について紹介する。

三菱電機

FAシステム事業本部 メカトロ事業推進部 技術担当課長

村井 融

A-714:30~16:10

『コンポジットハイウェイコンソーシアム共同ブースによる発表』

聴講申し込みはこちら

コンポジットハイウェイコンソーシアム出展企業

14:30~14:40

  • 素材・中間素材
『用途と市場に合わせたアルケマの各種熱可塑性コンポジットマトリクスの紹介』

アルケマ

14:40~14:50

  • 素材・中間素材
『厚肉CFRTPシート成形プロセスの高速化』

丸八

14:50~15:00

  • 成形加工
『誘導加熱を活用したダブルベルトプレスによる
厚肉CFRTPシート成形プロセスの高速化』

IPCO

15:00~15:10

  • 成形加工
『CFRTP成型品の溶着技術のご紹介 ~振動溶着技術~』

精電舎電子工業

15:10~15:20

  • 成形加工
『金属代替を可能にするCFRTPハイブリッド成形技術』

八木熊

15:20~15:30

  • 成形加工
『CFRP/CFRTP成形用 離型剤に求められる性能と特徴』

中京化成工業

15:30~15:40

  • 製品
『二次加工(ウォータージェット)及び金属製品のCF化』

メタルニクス

15:40~15:50

  • 評価技術
『GENOAによる複合材解析技術(連続/不連続繊維、Additive Manufacturing)』

アドバンストテクノロジー

15:50~16:00

  • 評価技術
『3次元画像解析ソフトウェアによる複合材料の特性評価』

サーモフィッシャーサイエンティフィック

日本エフイー・アイ

16:00~16:10

  • 評価技術
『繊維強化複合材料シミュレーション技術のご紹介』

先端力学シミュレーション研究所

※発表内容等は予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。