特別講演 会場:Aホール SAMPE特別ステージ

  • すべて聴講無料
  • 事前登録者優先

※空席があれば当日受付も行います。

10:50~11:20

主催:先端材料技術協会

『SAMPE Japan 多数回出展企業 表彰式』

概要

永年にわたり本展示会に出展された企業の皆様を表彰いたします。

T-1111:35~12:25

『環境対応型素材の現状と課題』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

講師

三菱ケミカル

炭素繊維複合材料本部戦略調整室長

伊吹 努

T-2111:35~12:25※通訳あり

『自動車軽量化のための熱可塑性複合材料
Thermoplastic Composites for Lightweight Automotive Applications』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

Mr. Deniz Guerkan
講師

Business Developing Manager

Lanxess

Mr.Deniz Guerkan

T-3110:30~11:20

『空力加熱、高速着地衝撃から宇宙機を護る材料技術 ~はやぶさ2、OMOTENASHI より~』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

山田 哲哉 氏
講師

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所

宇宙飛翔工学研究系 准教授

山田 哲哉

「OMOTENASHI」についてはこちら

T-3211:35~12:25※通訳あり

『サンドイッチ構造による航空宇宙のコストダウンと軽量化 性能・耐熱・耐損傷性に優れた新しいコア材料の使用によって
Cost & Weight Reduction of Structural Sandwich Applications for the Aerospace Industry by the use of a new high performance, high temperature resistant and damage tolerant Core Material”』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

Dr. M. Alexander Roth
講師

Head of Market Segment Aerospace, Evonik Resource Efficiency

Dr.M. Alexander Roth


先端材料技術講座 会場:Aホール SAMPE特別ステージ

  • すべて聴講無料
  • 事前登録者優先

※空席があれば当日受付も行います。

加工・アプリケーション例

T-1212:40~13:30

『新規炭素繊維複合材料とアプリケーション』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

松谷 浩明 氏
講師

東レ

複合材料研究所 主任研究員

松谷 浩明

T-1313:45~14:35

『連続繊維熱可塑性複合材料のハイブリッド成形』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

村井 裕城 氏
講師

アミノ

開発室 課長

村井 裕城

T-1414:50~15:40

『熱可塑性複合材料の開発とマーケティングビジョン』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

乾 久之 氏
講師

帝人

炭素繊維事業本部 営業部門

成形材料営業部 成形材料ソリューション課

乾 久之

マルチマテリアル

T-2212:40~13:30

『(特許出願技術動向調査) 樹脂素材と異種素材との接合技術』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

関口 貴夫 氏
講師

特許庁審査第3部

素材加工審査官

関口 貴夫

T-2313:45~14:35

『複合材料の成形シミュレーション技術』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

菊池 泰志 氏
講師

東レエンジニアリング 主任技師

菊池 泰志

T-2414:50~15:40

『マルチマテリアルの必要性、現状と課題』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

影山 裕史 氏
講師

金沢工業大学 大学院工学研究科

高信頼ものづくり専攻

教授

影山 裕史

T-2515:55~16:45

『超音波溶着によるFRTP-FRTP接合技術』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

マトリックス樹脂が結晶性樹脂であるFRTPと非結晶性樹脂であるFRTPを用いて、超音波溶着技術により同種材接合と異種材接合を行った。溶着強度測定により接合状態の優劣を評価し、溶着条件を検討した。

西垣 康広 氏
講師

岐阜県産業技術総合センター

次世代技術部 主任専門研究員

西垣 康広

リサイクル

T-3312:40~13:30

『CFRPからのリサイクル炭素繊維回収と利活用』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

守富 寛 氏
講師

守富環境工学総合研究所 所長

岐阜大学 名誉・特任教授

守富 寛

T-3413:45~14:35

『リサイクル炭素繊維の活用拡大に向けた研究開発』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

今井 祐介 氏
講師

産業技術総合研究所

構造材料研究部門 無機複合プラスチックグループ 研究グループ長(工学博士)

今井 祐介

T-3514:50~15:40

『炭素繊維リサイクルの現状と課題』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

景山 義隆 氏
講師

新菱 部長

景山 義隆

T-3615:55~16:45

『木質バイオマス系リサイクル材料(杉、竹、檜等)及びリサイクル炭素繊維を高充填しプラスチック使用量を劇的に減らす融合事業の紹介』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

増田 信次 氏
講師

エコノロジーブレイン

代表取締役

増田 信次


出展者セミナー 会場:Aホール 出展者セミナー会場S

  • すべて聴講無料
  • 事前登録者優先

※空席があれば当日受付も行います。

S-1211:45〜15:10※招待券記載時間から変更しております。ご注意ください。

『コンポジットハイウェイコンソーシアム共同ブースによる発表』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

コンポジットハイウェイコンソーシアム出展企業

11:45~11:50
『コンポジットハイウェイコンソーシアムからのあいさつ』

コンポジットハイウェイコンソーシアム

11:50~12:00

素材・中間基材

素材

『アクリル系現場重合型コンポジットマトリクス』

アルケマ

12:00~12:10

素材・中間基材

素材

『ポリアミド9Tの複合材料用マトリックスの可能性について』

クラレ

12:10~12:20

素材・中間基材

素材

『液状カーボン「Tenacis」について』

T&K TOKA

12:20~12:30

素材・中間基材

素材

『量産性の優れる高機能型エポキシ樹脂システムの紹介』

DIC

12:30~12:40

素材・中間基材

中間基材

『様々なテキスタイルを用いた熱可塑性CFRPを実現するプリプレグヤーン』

カジレーネ

12:40~12:50

素材・中間基材

中間基材

『素材革命!プレス成形用中間材料Flexcarbon(フレックスカーボン)の紹介』

サンコロナ小田

12:50~13:00

素材・中間基材

中間基材

『複雑形状を可能にするCFRPの高生産性・低コストRTM成形技術』

テックワン

13:00~13:10

素材・中間基材

中間基材

『”Add More”「さらに!もっと!」追求して世界に挑戦』

丸八

13:10~13:20

素材・中間基材

中間基材

『CF-PP UDシート/テープ TAFNEX の紹介』

三井化学

13:20~13:30

成形・加工技術

成形

『ポリアミド高流動化技術とCFRTPへの応用』

大阪ガスケミカル

13:30~13:40

成形・加工技術

成形

『高温対応・低転写性 CFRP/CFRTP成形用離型剤の紹介』

中京化成工業

13:40~13:50

成形・加工技術

成形

『高せん断成形加工法を用いた新規ナノコンポジットの創製』

HSPテクノロジーズ

13:50~14:00

成形・加工技術

成形

『世界初!カーボンファイバー3Dプリンタの最先端技術のご紹介』

ファソテック

14:00~14:10

成形・加工技術

成形

『高精度トウプリプレグおよび成型品、CFRP高精度加工品』

ミズノテクニクス

14:10~14:20

成形・加工技術

設備・装置

『超音波による熱可塑CFRP加工技術のご紹介』

アドウェルズ

14:20~14:30

成形・加工技術

設備・装置

『CFRTP/GFRTP 予備加熱 クイックレスポンスヒータシステム』

浅野研究所

14:30~14:40

成形・加工技術

接着・接合

『熱接着フィルム ”フィクセロン” 軽量化・樹脂化にともなう異種材接着ニーズにお応えします』

アイセロ

14:40~14:50

成形・加工技術

接着・接合

『カーボンと異種材料接着の適材適所な接着をご提案します。』

スズイチ

14:50~15:00

検査・評価

『サーモグラフィ非破壊検査・計測 最新事例紹介』

ケン・オートメーション

15:00~15:10

検査・評価

『FRPのX線CT画像からの単繊維構造解析と機械学習機能の応用』

サーモフィッシャーサイエンティフィック(日本エフ・イーアイ)

S-1615:30〜16:10

科学技術振興機構

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

①『貴金属フリー燃料電池触媒材料』

群馬大学大学院理工学府

教授

尾崎 純一

②『高出力LIB負極炭素材料』

兵庫県立大学大学院工学研究科

教授

松尾 吉晃

概要

JST-ALCAの成果より、高出力・高容量で貴金属フリーのエネルギーデバイス用炭素材料をご紹介します。

S-2312:30〜13:10

『「ORIBAKO」折り畳めるコンポジット軽量構造物の開発紹介』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

ジーエイチクラフト

品質管理ディレクター

宮田 武志

S-2413:30〜14:10

『アディティブ・マニュファクチャリング技術と回収炭素繊維技術のご紹介』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

三菱商事テクノス

アディティブ・マニュファクチャリング・ソリューション部

部長

小柳 宏文

概要

金属AM技術を活用した金型技術、開発支援型受託加工サービス、AM関連技術の紹介、回収炭素繊維ビジネスの概要を紹介します。

S-2514:30〜15:10

『非均質マルチスケール法による繊維配向を考慮した不連続繊維複合材解析事例』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

アドバンストテクノロジー

CAE技術部/次長

平出 隆一

概要

GENOA/MCQによる繊維配向情報を反映した不連続炭素繊維複合材量の非均質化マルチスケールモデリング事例を紹介します。

S-2615:30〜16:10

『Automation of Composites Technology』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

KADO

代表取締役社長

倉谷 泰成

概要

複合材の自動成形技術の紹介

S-3110:30〜11:10

本セミナーは中止となりました。ご了承ください。

『スーパーレジン工業のチャレンジする宇宙ビジネス(仮)』

スーパーレジン工業

取締役副社長

勝山 良彦

S-3211:30〜12:10

『高耐熱特性を有する炭素繊維複合材料 C/C、CMCの用途展開』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

三菱ケミカル

高機能成形材料部門 炭素繊維複合材料本部

コンポジット製品事業部 マネージャー

髙橋 孝徳

概要

C/Cコンポジットの技術を進化させ、セラミックス複合材料化する事により、幅広い用途展開が可能となった事例を紹介します。

S-3312:30〜13:10

『東レカーボンマジックが築く コンポジットソリューション』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

東レカーボンマジック

取締役社長

奥 明栄

概要

東レカーボンマジックが挑戦するコンポジット化に向けてのソリューションを航空、自動車、医療など各領域での代表例とあわせて紹介します。射出及び圧縮成形により造られた構造物をターゲットに10%誤差の範囲内でクラッシュ試験の結果を再現。

S-3413:30〜14:10

『連続繊維熱可塑性複合材料と量産事例(CFRTP & GFRTP)』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

サンワトレーディング

常務取締役

馬場 勇一

概要

Bond Laminates社(独)のTepex(CFRTP & GFRTP)の特徴・成形法・量産事例の紹介

S-3514:30〜15:10

『GENOAマルチスケール進展性損傷解析による自動車向け不連続繊維複合材クラッシュシミュレーション事例』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

アドバンストテクノロジー

CAE技術部/課長

黄 緒明

概要

クラッシュ荷重条件における自動車向けChopped繊維複合材量構造物の仮想性能シミュレーションを紹介します

S-3615:30〜16:10

『連続ガラス繊維強化熱可塑性 プラスチック複合材料の特性』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

三菱ケミカルアドバンスドマテリアルズコンポジット

事業本部 本部長

堺 大

概要

連続ガラス繊維で強化された熱可塑性プラスチック複合材料であるGMTおよびSymaLITE®で成型された製品の特性についてご紹介します。


NEDO「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトシンポジウム
会場:メインステージ

M-613:00~16:35

主催:モノづくり日本会議
共催:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

~NEDO「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトシンポジウム~
『自動車車体の軽量化 ~マルチマテリアル化の課題と展望~』

聴講申し込みはこちら受付は終了しました

「持続可能な社会」をいかに実現するかは全世界的な喫緊の課題であり、様々な技術の開発と普及が図られていますが、エネルギー問題、地球温暖化問題では、輸送機器で消費されるエネルギーと気候温暖化物質CO2の排出は非常に多く、その削減が望まれています。このような中、NEDO「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトでは、この課題解決のため様々な軽量素材を組み合わせたマルチマテリアル自動車車体による抜本的な軽量化に取り組んでいます。本シンポジウムでは、基調講演として車体軽量化の意義を、またプロジェクト成果と今後の技術課題について概観いたします。

13:00~13:05
【開会の挨拶】

新エネルギー・産業技術総合開発機構

理事 今井 淨 氏

13:05~13:10
【新構造材料技術研究組合 挨拶】

新構造材料技術研究組合

専務理事 吉田 泰 氏

13:10~14:00
【基調講演】「次世代自動車技術に関する将来展望 ~2030年を超え、2050年を見据えて~」

早稲田大学名誉教授

早稲田大学 研究院 次世代自動車研究機構 研究所顧問

大聖 泰弘 氏

14:10~14:20
『「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトについて』

新エネルギー・産業技術総合開発機構

材料・ナノテクノロジー部 プロジェクトマネージャー

齊藤 英紀 氏

14:20~14:50
【講演1】『マルチマテリアル設計技術 ‐異材接合と破壊に注目して‐』

株式会社メカニカルデザイン

代表取締役 小林 卓哉 氏

14:50~15:20
【講演2】『マルチマテリアル接合技術 -異材接合部特性の評価・解析-』

大阪大学大学院 工学研究科

教授 廣瀬 明夫 氏

15:30~16:00
【講演3】『マルチマテリアル腐食評価技術について』

日本パーカライジング

技術本部 総合技術研究所 第二研究センター センター長

小崎 匠 氏

16:00~16:30
【講演4】『構造材料分析のための小型中性子解析装置の開発』

産業技術総合研究所

分析計測標準研究部門・研究グループ長

大島 永康 氏