2016.6/15(水)-17(金) 東京ビッグサイト 第2・3ホール

開催概要

ごあいさつ

効率化・持続可能性を両立する「先進工場」の実現へ

高度経済成長から約半世紀を経た現在、多くの工場が、老朽化に伴う建物や設備の更新を必要としています。さらに、モノのインターネット(IoT)の登場により、設備の連携と効率化が一層求められ、従来のシステムよりも複雑化しつつあります。
日刊工業新聞社は、そのような背景のもと、新たな展開を迎える生産現場に向け、効率化と持続可能性を両立した「先進工場」の普及を図るべく、次世代の生産・搬送設備、防災技術を一堂に紹介する「スマートファクトリーJapan2016」を初開催します。
これからのモノづくりに必要な生産効率化、持続可能性の両立へ是非、本展示会をご活用ください。
関係各位の積極的なご参加を心よりお待ちしております。

日刊工業新聞社

開催概要

名称
スマートファクトリーJapan2016 (英語表記:Smart Factory Japan2016)
構成展
  • 工場内エネルギー展
  • 工場IoTソリューション展
  • 製造設備・システム展
  • 防災・安全設備展
  • 工場内物流システム展
  • 工場内メンテナンス展
会期
2016年6月15日(水)~17日(金)
開催時間
10:00~17:00
会場
東京国際展示場(東京ビッグサイト) 東ホール
主催
日刊工業新聞社
後援
内閣府、経済産業省、日本貿易振興機構(ジェトロ)(申請予定先)
協賛
日本機械工業連合会、日本ロボット工業会、日本鍛圧機械工業会、日本工作機器工業会、日本精密機械工業会、日本工作機械工業会、日本食品機械工業会、日本包装機械工業会、日本自動車整備振興会連合会、日本自動車工業会、日本自動車部品工業会、日本産業機械工業会、日本電気計測器工業会、日本電気制御機器工業会、自動車工業振興会、全国通運連盟、全日本トラック協会、日本自動車リサイクル部品協議会、東京工業団体連合会、日本印刷産業連合会、 日本運搬車両機器協会、日本物流システム機器協会、(申請予定先)
同時開催展
入場料
無料(入場登録制)
先進工場 強い生産現場の実現
ページトップ