2018年開催時の情報です

講演・パネルディスカッション

すべて聴講無料事前登録者優先

※空席があれば当日受付も行います。

メインステージA(東2ホール奥)[定員:各400名]

MA-15月30日(水) 11:00〜11:40

大変革に直面する製造業と“Connected Industries”推進に向けた取組

聴講申し込みはこちら

我が国製造業を取り巻く環境の変化やデジタル化社会の下で我が国製造業が持つべき危機感などを概観するとともに、様々な“つながり”を強化することにより新たな価値を創出する“Connected Industries”の実現に向けた政府の取組の進捗について説明する。(※2018年版ものづくり白書の概要にも言及予定)

講師

経済産業省 製造産業局長

多田 明弘

※講師変更の可能性あり

MA-25月30日(水) 13:00〜14:30協力:経済産業省

中堅中小製造業のスマートものづくりを取り巻く環境について

聴講申し込みはこちら

スマートものづくり応援隊や、スマートものづくり応援ツール・レシピに認定された企業などにご登壇いただき、IoTの活用等の取り組みにより、第四次産業革命に挑戦する中堅・中小製造業の事例やそれらに対する支援施策などについてパネルディスカッションをおこないます。

パネリスト

ITコーディネータ協会 研究員 / 大久保 賢二 氏

NVT(月井精密) 代表取締役 / 名取 磨一 氏

飯山精器 システム開発部 / 坂本 卓哉 氏

栗原精機 代表取締役社長 / 栗原 稔 氏

モデレータ

ロボット革命イニシアティブ協議会 中堅中小AG主査、クラウドサービス推進機構 理事長 / 松島 桂樹 氏

MA-35月30日(水) 15:00〜17:00協力:モノづくり日本会議

~スマートファクトリーAWARD2018~

聴講申し込みはこちら

記念講演『IoT時代の日本企業が目指すべき方向』

2010年代から世界の至るところでゲームチェンジが起きている。その背後にあるのは、価値形成の場がオープンなエコシステムへシフトし、さらにサイバー空間へもシフトする経済環境に他ならない。本講演では、ゲームチェンジが起こるメカニズムを多くの事例で解き明し、日本企業が向かう方向をオープン&クローズ戦略やアーキテクチャ思考の徹底およびモノが発生するデータの利活用(サービス価値の創出)という視点からご説明し、この是非を皆様と一緒に考えたい。

講師

NEDOアドバイザー/東京大学政策ビジョン研究センターシニアリサーチャー

小川 紘一

表彰式・受賞企業トークセッション

【受賞企業】旭酒造/旭鉄工・i Smart Technologies/ジェイテクト/武州工業/ブリヂストン/YKK

表彰式後には、受賞企業5社にご登壇いただきミニトークセッションを実施します。

MA-45月31日(木) 11:00〜12:00

METI Journalステージ『製造現場におけるIoTとAI活用の取り組み』

聴講申し込みはこちら
■製造現場の実際(IoTxAIの必要性) ■製造現場向けAI開発の概要とポイント ■FIELD systemについて(特長「つなぐ、見える、考える、動かす」他のシステムとの関係 ■FANUCのAIアプリケーションについて(”FANUC AI”とは(特徴)FANUCのAIアプリケーション例 ■CPSにおけるFIELD systemとFANUC AIについて(近未来の製造現場)

講師

ファナック 取締役専務執行役員

松原 俊介

MA-55月31日(木) 13:00〜13:50

Bosch IoT,遂に日本でも実用開始、最新事例をご紹介

※招待券記載のタイトル(データの効率的な収集とその活用方法)から変更になりました

聴講申し込みはこちら

弊社は2016年からBoschのIoTを日本のマーケットに紹介してきました。昨年後半から、日本においても、実際の工場への導入が始まりました。その実例を中心にスマートファクトリーへの道筋をご紹介いたします。

講師

NTTデータエンタープライズ・アプリケーション・サービス 代表取締役社長

青木 秀行

MA-65月31日(木) 14:30〜15:15IoT・AI Innovation フォーラム(協力:クラウド利用促進機構)

AI+IoTを活用した生産プロセス改革
~ビッグデータや画像データを使った製造現場のカイゼン事例集~

聴講申し込みはこちら

ここ数年において、ものづくりは、AI+IoTをはじめとする最新の デジタル技術を活用することにより生産現場のサイバーフィジカル システム化・オートメーションの世界へと大きく発展しつつあります。

IBM Watson は生産現場の膨大な非構造化データに加え、画像や音声 をも認識することができます。

それらデータをWatsonに学習させること で、製造現場が抱える製造品質や予防保全、故障復旧の向上を実現します。

進化し続ける工場の実現を可能とするIBM Watsonとスマート ファクトリーのソリューションであるWatson IoT for Manufacturingを事例をもとにご紹介いたします。

講師

日本アイ・ビー・エム グローバル・ビジネス・サービス事業本部

IoT & ビジネストランスフォーメーション パートナー

鈴村 敏央

MA-75月31日(木) 15:45〜16:30IoT・AI Innovation フォーラム(協力:クラウド利用促進機構)

スマート工場からスマート製造業へ
~Connected Industries時代の「4層エコシステム」にどう取り組むか~

聴講申し込みはこちら

今、世界のあらゆる業界において、「デジタル・プラットフォーム」をめぐる早い者勝ちの大競争が発生しています。製造業最強だったはずの自動車メーカーさえも、Uberや滴々、Grabの下請けになりかねない時代。自社はどの道を選ぶべきなのか?誰と組み、誰と競争すべきなのか?「デジタル・プラットフォームの4層構造」を題材に、コマツLANDLOG、シーメンスMindSphere、SAP AINなど多くのプラットフォーム構築事例を解説し、コネイン時代に勝ち残る道を考えます。

講師

SAPジャパン インダストリークラウド事業統括本部 IoT/IR4 ディレクター

村田 聡一郎

MA-86月1日(金) 10:45〜12:00

スマートファクトリー実現の鍵

聴講申し込みはこちら

IoT等の活用によるデータ分析、見える化によって製造現場の自動化、高度化を実現するスマートファクトリー。様々な製造現場で導入機運が高まっているが、ものづくりの現場理解無しにスマートファクトリーの導入が進んでいない実態がある。ものづくりの第一線で活躍される産業機械メーカー、システムインテグレーターの方々から、スマートファクトリー実現に向けたポイントを探る。

パネリスト

川崎重工業 精密機械・ロボットカンパニー

ロボットビジネスセンター FAソリューション第二総括部 総括部長

長谷川 省吾


富士通 産業・流通営業グループ プリンシパル・コンサルタント

熊谷 博之


ミツイワ スマートファクトリー推進部 部長

泉 貴史


モデレータ

NTTデータ経営研究所 先端技術戦略センター長 産業戦略グループ長 パートナー

三治 信一朗

MA-96月1日(金) 12:50〜14:20

“ニュースイッチ×ウフルPresents”
Connected Industriesを見据えたスマートファクトリーとは

聴講申し込みはこちら

IoTへの取組が進み始めた日本でも、独Industrie4.0に倣って、Connected Industriesが掲げられ、複数の産業が繋がるビジョンが示されている。そのような産業が繋がっていく時代を見据えたものづくりのあり方、工場のスマート化には様々な見解が存在する。この状況を踏まえ、事業者とソリューション提供者の両者に登壇頂き、現状の取組実態と今後の展望について意見交換と討議をおこなう。

パネリスト

エイムネクスト 代表取締役

清 威人


東芝デジタルソリューションズ インダストリアルソリューション事業部

デジタルトランスフォーメーション推進部 担当部長

福本 勲


ジェイテクト 工作機械メカトロ事業本部 技監

青能 敏雄


デンソー 生産革新センター 生産技術部 部長

加藤 充


モデレータ

ウフル 専務執行役員/IoTイノベーションセンター長

八子 知礼

MA-106月1日(金) 15:00〜16:15

AI/IoTが変革する社会 ~ライブ・ドリアード2018~

聴講申し込みはこちら

AI/IoTは、我々の社会・生活レベルの向上と新たな価値創造が期待されています。

本フォーラムでは、NECとJALによるAI/IoTの最新的な取組みや、産業技術総合研究所のAI関連プロジェクトの紹介、早稲田大学教授によるAIによるチャンスとリスクなど、有識者の視点も交えながら、AI/IoTがもたらす社会変革について、意見交換を行います。

パネリスト

NEC 代表取締役会長

遠藤 信博


日本航空 執行役員 路線統括本部

旅客システム推進部担当 デジタルイノベーション推進部担当

西畑 智博


産業技術総合研究所 理事 情報・人間工学領域 領域長

関口 智嗣


早稲田大学 文学学術院 教授

高橋 利枝


モデレータ

経済産業省 産業技術環境局長

末松 広行

出展者セミナー会場[定員:150名]

S-156月1日(金) 14:30~15:10

次世代企業間データ連携の事例紹介

聴講申し込みはこちら

高度にIT化・ネットワーク化した社会。しかし、多くの中小企業間の取引は未だにfaxやメールでの書類の交換によるアナログな手段で行われているのが現状です。まず、受発注データを企業間で連携することが、金融EDI連携、IoT連携推進への足掛かりとなります。本講演では、中小企業庁の平成28年度次世代企業間データ連携調査事業にて策定された、中小企業に最適化された新しいEDIの標準「中小企業共通EDI標準」および対応ソリューションをご紹介します。

講師

『中小企業共通EDI標準』の紹介

ITコーディネータ協会 研究員

野田 和巳


中小企業共通EDI対応ソリューション『EXtelligence EDIFAS』の紹介

エクス 代表取締役社長

抱 厚志

会場棟1F レセプションホールA[定員:450名]

R-016月1日(金) 13:15~17:00主催:インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)

第2回 IIC & IVI合同 ユースケース共有セミナー

聴講申し込みはこちら

日英同時通訳

日本で設立されたIVI(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ)と、アメリカで設立されたIIC(インダストリアル・インターネット・コンソーシアム)は、2017年4月に独ハノーバーにてインダストリアルIoT(IIoT)推進で連携する合意文書(MoU)を交わしました。MoUに基づき、昨年6月の合同セミナーに続き、今回は2回目の合同セミナーを開催することとなりました。両団体の活動紹介やテストベッドやユースケースの具体的な事例紹介などを予定しています。

プログラム(予定)

13:15–13:20

開会挨拶

IVI 事務局長 渡部 裕二 氏

13:20–13:40

【IIC】基調講演

ワエル・ディアブ:IICステアリングコミッティ会長、リエゾン委員会議長

13:40–14:05

【IVI】基調講演

『エッジ駆動型のERPへの招待 ~リアルデジタル革命序章~』

IVI 理事長 西岡 靖之 氏

14:05–14:20

【IVI】業務シナリオWG

『2017年度 業務シナリオトピックス』

東芝 松岡 康男 氏

14:20–14:35

【IVI】業務シナリオWG

『3B03-1 誰でも出来る予知保全と品質管理』

日本精工 村田 光範 氏

14:35–14:50

【IVI】未来プロジェクト概要

『17年度 IVI未来プロジェクト活動』

パナソニック 槇原 正 氏

14:50–15:10

【IVI】未来プロジェクト

『ものづくりデータバンク/コンビニ型ファクトリー』

TIS 長井大典 氏 / オークマ 鷲見 仁 氏

休憩

15:20–15:45

【IIC】トピックス

ジョセフ・フォンテーム:テストベッド委員会議長

15:45–16:10

【IIC】テストベッド

『TRACK AND TRACE TESTBED』 (トラックとトレース)

ボッシュ / SAP / テックマヒンドラ

16:10–16:35

【IIC】テストベッド

『Smart Factory Machine Learning for Predictive Maintenance』 (予知保全のためのスマート工場マシンラーニング)

ザイリンクス / Plethora

16:35–17:00

【IIC】テストベッド

『CONDITION MONITORING & PREDICTIVE MAINTENANCE TESTBED』 (条件モニタリングと予知保全)

IBM / ナショナルインスツルメンツ

東ホール 2階会議室

6月1日(金) 10:00~16:00主催:日本能率協会コンサルティング/日刊工業新聞社

【工場長・部門長向け】スマートファクトリー・IoT 勉強会&ブースツアー

詳細・申込方法はこちら

※参加対象

製造業において生産・調達・物流・販売に関わる工場長をはじめとしたトップおよび管理職層(同業者の方のご参加はできません。予めご了承ください。)

出展者セミナー(会場:東3ホール奥 出展者セミナー会場)

すべて聴講無料事前登録者優先

※空席があれば当日受付も行います。

メインステージA

こちらではスマートファクトリーJapan に関する講演を行います。

5/30(水)
MA-1 MA-2 MA-3
5/31(木)
MA-4 MA-5 MA-6 MA-7
6/1(金)
MA-8 MA-9 MA-10

メインステージB

こちらでは同時開催の 防災産業展 in 東京 に関する講演を行います。

詳しくはこちら

出展者セミナー会場

こちらでは出展者によるセミナーを行います。

その他、講演『次世代企業間データ連携の事例紹介』も行います。

IoTよろず相談コーナー

ITコーディネータが御社の困りごとにお答えします。最新のIoT、AI、次世代データ連携(中小企業共通EDI)、クラウドシステム、中小企業の生産性を大きく上げる手法があります。ITコーディネータにご相談ください。

バイオマスエキスポフォーラム

こちらでは バイオマスエキスポ2018 に関連したバイオマスエキスポフォーラムを行います。

ビジネスマッチングサポートデスク

会期中の会場内における技術探索支援およびビジネスマッチングサポートを行います。

お気軽にご利用ください。