出展対象

真空ポンプ

低真空~中真空ポンプ(油回転ポンプ、ドライポンプ他)、高真空ポンプ(ターボ分子ポンプ、クライオポンプ他)、
超高真空ポンプ、真空排気装置

真空計測器

ピラニ真空計、電離真空計、極高真空計、薄膜計測、制御機器、分光エリプソメータ、プラズマモニタ

真空部品・材料

真空バルブ、真空スイッチ、各種導入端子、真空ポンプ油、成膜材料

真空冶金装置

真空溶解関連、真空熱処理関連、真空接合、真空改質関連

真空化学装置

真空乾燥、凍結乾燥、蒸留、濃縮、脱臭、真空冷却、真空重合関連

真空薄膜形成加工装置

蒸着、スパッタリング、ドライエッチング、アッシング、イオン注入、CVD、エピタキシャル成長

ガス分析装置

磁場型質量分析計、マスフィルタ型質量分析計、微量ガス分析装置、電子衝撃発光分光装置

表面分析装置

電子検出型質量分析装置、光電子分光分析装置、オージェ電子分光装置、電子回析装置、その他の表面分析装置、
イオン検出型質量分析装置、二次イオン質量分析装置、イオン散乱分析装置、その他のイオン検出型表面分析装置、
X線検出型質量分析装置、X線回析装置、電子線マイクロアナライザ、その他のX線検出型表面分析装置

試験装置

自動濡れ探し機、スペースチャンバー、真空引帳・圧縮試験機、その他試験機

表面観察装置

走査型トンネル顕微鏡、走査型電子顕微鏡、透過型電子顕微鏡

その他の真空利用装置

液晶注入、真空包装、真空充填、真空吸着、エポキシ注型、真空含浸、真空リフター、真空プレス、真空ピンセット、
プラズマクリーニング

サービス業務

保守業務、修理・改造、指導・ソフトウェア、中古リサイクル販売、委託加工

要素機器

各種電源、空圧機器(アクチュエータ)、シーケンス制御機器、機構部品、物流制御機器


小間タイプ・料金/スケジュール

■普通小間

(一社)日本真空工業会及び
 (公社)日本表面真空学会会員企業

(1小間:間口2.97m×奥行2.97m×高さ2.7m(約9㎡))

1~4小間 ・・・ 330,000 円(税込)
5~7小間 ・・・ 286,000 円(税込)
8小間以上 ・・・ 253,000 円(税込)

● 一般企業

1小間 ・・・・・ 352,000 円(税込)

【横列小間】

横列小間1

【例:1小間の場合】

(W2.97m×D2.97m×H2.7m)

※上記の表示は、芯々の寸法となります

横列小間2

【例:2小間の場合】

(W5.94m×D2.97m×H2.7m)

※上記の表示は、芯々の寸法となります

【複列小間】※3方通路で奥行きが2小間以上

複列小間
【例:4小間の場合】

【島小間】※8小間以上から申込可

島小間
 

※電源・照明・カーペット等はついておりません。



■特別企画ゾーン

A. 真空展トライアルゾーン・・・・・275,000円(税込)

 (1小間:間口2.97m×奥行1.98m×高さ2.7m(約6㎡))

 [対象] 真空展へ過去5年間以上、出展実績のない企業・団体、初出展企業・団体


B. 大学・研究機関ゾーン・・・・・110,000円(税込)

 (1小間:間口1.98m×奥行1.98m×高さ2.7m(約4㎡))

 [対象] 真空に関する研究、真空に関連した開発中の製品・技術を持つ学術・研究機関


C. 加工技術ゾーン・・・・・110,000円(税込)

 (1小間:間口1.98m×奥行1.98m×高さ2.7m(約4㎡))

 [対象] 真空装置に関する加工技術(精密加工、金属加工、切削加工、溶接加工等)


A.真空展トライアルゾーン

真空展トライアルゾーン

B.大学・研究機関ゾーン
C.加工技術ゾーン

大学・研究機関ゾーン、加工技術ゾーン


申込要領

■出展申込方法

出展申込書(別添)に必要事項をご記入の上、事務局へお送りください。
なお、出展内容が本展趣旨にそぐわない場合は、受付をお断りすることがありますので予めご了承ください。


■申込み締め切り

2020年6月30日(火)


■出展料金のお支払い

申込書の内容を確認後、請求書を送付いたしますので、本展開催日約1ヶ月前の2020年9月11日(金)までに必ずお支払いください。

口座名:㈱日刊工業新聞社
りそな銀行 東京営業部 当座 656007
みずほ銀行 九段支店 当座 21049
三菱東京UFJ銀行 神保町支店 当座 9000445
三井住友銀行 神田支店 当座 1023771

■出展契約の変更または取り消し

既に申し込まれた小間に対する変更または取り消しは、全て文書にてその理由を明記し、事務局の承認を得てください。
※出展を取り消された場合、下記の通りキャンセル料を申し受けます。

申込書受理日から出展者説明会前日まで
・・・・・・・・・・・出展料金の50%
出展者説明会当日以降
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・出展料金の100%


参考パッケージディスプレイのご案内

個別にお申し込みいただくよりもお安い値段設定となっております。

その他のプランや詳細・お申し込み方法は、出展者説明会(2020年8月初旬予定)にてご案内いたします。

1小間仕様
出展料+82,500円(税込)
  • ※2小間以上についてもご用意可能です。
  • ※電気を1kW以上使用の場合は、別途電気幹線工事費と電気使用料がかかります。
パッケージディスプレイ

開催までのスケジュール(予定)

出展規定

1小間位置の決定、小間譲渡等の禁止
  • 1.小間位置については、小間位置抽選会(出展者説明会の際に実施予定)にて決定・発表いたします。抽選会を欠席された出展者様におきましては、本展展示委員会が代理として抽選、及び小間位置の決定を行います。
  • 2.割り当てられた小間の一部または全部を事務局の承諾なしに譲渡、または貸与することはできません。また、転貸、担保に供することを禁止します。
2支払い日と支払い方法

出展申込書の受付確認後に請求書を発行いたしますので、本展開催日の約1カ月前[2020年9月11日(金)]までにお支払いください。

出展申込書に「支払い予定日」を明記してください。振込の場合には下記のいずれかの銀行にお願いいたします。

※振込手数料は出展者様にてご負担ください。

口座名:(株)日刊工業新聞社

  • りそな銀行

    東京営業部

    当座

    656007

  • みずほ銀行

    九段支店

    当座

    21049

  • 三井住友銀行

    神田支店

    当座

    1023771

  • 三菱UFJ 銀行

    神保町支店

    当座

    9000445

3出展契約の変更または取り消し

出展内容が本展趣旨にそぐわない場合は受付をお断りすることがありますのであらかじめご了承ください。また、出展者がすでに申し込まれた小間に対する変更または取り消しをする場合は、全て文書にてその理由を明記し、事務局の承認を得てください。

※出展を取り消された場合、下記の通りキャンセル料を申し受けます。

申込書受理から出展者説明会前日まで
出展料の50%
出展者説明会当日以降
出展料の100%
4出展物の管理保全
  • 1.事務局は管理者として注意を払って会場全般の管理にあたります。ただし、各出展物の管理は出展者が自己の責任と費用にて行ってください。
  • 2.事務局は出展物の盗難・紛失・損傷・火災・その他天災地変等を原因とする出展物の損害に対しての一切の補償責任を負いません。従って出展者は出展物に保険を付すなどの措置をとるように配慮してください。
5危険物等の持ち込み
  • 1.引火性・爆発性の危険物の持ち込みを禁止します。また、その他消防法に定められる危険物・裸火を使用する物については所轄消防署の承諾を受けた物以外は持ち込みを禁止します(危険物の持ち込みの解除条件等については出展者説明会にてご説明いたします)。
  • 2.主催者の承諾を得られなかったもの、関連法令に抵触するおそれがあるもの、および公序良俗に反する物の持ち込みを禁止します。
6実演上の注意・事故防止
  • 1.出展物の実演は自由ですが、はなはだしい音響・発煙・発光・臭気を伴うもの、または危険を伴う実演は中止を願うことがあります。
  • 2.実演によって生じた生ゴミ・展示廃棄物は出展者が処理してください。会場内に廃棄しないようにお願いします。
  • 3.出展者は搬入出、展示、実演にあたり最善の注意を払い事故防止に努めてください。また、出展者は万全の処置を講じ、責任者の常駐をお願いします。主催者自らの責めに帰すべき場合を除き、発生した事故につき一切の責任を負いません 。
7原状回復
  • 1.出展者は、本展示会の会期終了後、所定の搬出期間を経て出展小間を原状に回復しなければなりません。ただし、出展者が原状回復工事を行わない場合は、主催者において同工事を行い、その費用は出展者が負担するものとします。
  • 2.出展者が出展小間の明け渡し後、出展者の残物がある場合、主催者により当該出展者へ連絡した後、残物を処分できることとします。また、その処分にかかる費用については、出展者が負担するものとします。
8各種工事の諸経費の負担
  • 1.小間内照明および実演に要する電気料金ならびに配線工事費は出展者の負担となります。
  • 2.電気使用申込、使用料金規定等の詳細については出展者説明会(2020年8月初旬予定)にてご説明いたします。
  • 3.小間内に給排水・エア・ガスが必要な出展者は出展者説明会にて配布いたします所定の申込用紙にてお申し込みください。
  • 4.実演等に使用する給排水・エア・ガス料金は出展者の負担となります。
9立ち入り点検
  • 1.主催者および展示会の警備・防災担当協力会社は、防火、防災対応のため必要と認められた際は、出展者の了解の上、小間内を点検することができます。
  • 2.搬入時、および会期中、主催者は防火・防災担当の管轄の行政指導により小間内を点検いたします。出展者が点検時に行政指導を受けた場合は、速やかにその指導に従うこととします。
10展示会開催の延期・中止について
  • 1.主催者は天災等の不可抗力により、展示会開催が困難と判断した場合、展示会の開催を延期または中止することがあります。また、その際に生じた損害について主催者は責任を負わないものとします。
  • 2.主催者は当初予定の目的(開催規模、来場動員目標等)を達成できないと判断した場合、展示会を中止することが出来るものとします。また、その際に生じた損害について主催者は責任を負わないものとします。
  • 3.新型コロナウイルスの影響で開催中止を決定した場合、出展料金は全額返金いたします。

出展者セミナー

出展効果を高める様々な手法を自由に企画できる場として出展者に限り提供します。

展示だけでは表現しきれない新製品・技術・サービス、また導入環境や成功事例などの詳細情報を説明・発表する場としてご活用ください。

申込受付は先着順とし、タイムスケジュールは事務局で調整します。

会場:会場内特設ステージ(オープンスペース)

定員:100

実施費用
無料(1社1枠まで)

※聴講料は全て無料とさせていただきます。配布資料は発表者にてご用意ください。

タイムスケジュール

日時 10/14(水) 10/15(木) 10/16(金)
10:30〜11:10 A G M
11:30〜12:10 B H N
12:30〜13:10 C I O
13:30〜14:10 D J P
14:30〜15:10 E K Q
15:30〜16:10 F
会場風景(オープンスペース)

実施イメージ


ご出展のメリット


来場プロモーション(予定)

紙面報道と連動した継続的な来場プロモーションにより、
ユーザーとなる製造業の関係者を動員します。

日刊工業新聞紙上にて出展者の技術紹介を行うほか、真空製品・技術に関する最新動向を取材して情報発信します。

また、紙面と連動してイベントを展開することにより、全産業の購読者に対してPRを行っていきます。

メディアミックスによる情報発信と的確な来場動員!!

新聞画像

「日刊工業新聞」で全国全産業のユーザーに対して告知・動員を図ります。社告や広告はもとより、開催前の出展者の紹介、会期に合わせた特集記事などを通じて、エンドユーザーの確実な来場につなげます。

独自のDMリストを用いて、国内・外の関係企業や団体に本展の招待券を送付いたします。また、出展者には、本展の招待券を無料提供し出展者の来場動員をサポートします。

日刊工業新聞のニュースやオリジナルコンテンツを、より分かりやすく、「航空・宇宙」、「電子部品」、など18の旬なテーマを用意し、日刊工業新聞社の記者と社外の専門家が、ためになるワンポイント情報を配信しています。本サイトと連動した情報発信で、新聞購読者層以外にもアプローチしていきます。

https://newswitch.jp/

日刊工業新聞社が発行している「機械技術」など専門雑誌にも記事及び広告を掲載します。

その他、多くのツールを活用し、来場動員を促します!!


併催企画

注目度の高いテーマで講演会を開催し、最新の技術動向や市場動向などを広く発信するとともに、「質」の高い来場者の動員を図ります。 さらに、真空の基礎技術から応用技術まで幅広い内容のもと、多彩なセミナーを実施し、毎年多くのユーザーの方々が展示会見学と併せて参加しております。

2019年前回実績(一部抜粋)

●特別企画:「真空と次世代自動車」(自動運転車 体験乗車、 ハーフカットモデル展示など)

●特別基調講演:東京大学 宇宙線研究所 所長 (2015年ノーベル物理学賞受賞) 梶田 隆章氏

●セミナー:『真空フォーラム・シンポジウム』、『光学薄膜研究会セミナー』、『真空入門講座』、『薄膜の基本技術講座』

●実演:真空蒸着装置の実機デモ、真空実験コーナー

他多数

併催企画 併催企画

開催実績


2019年
開催実績

出展規模:77社・団体  183小間 (企画展示ゾーン等含む)

来場者数:10,815名  ※同時開催展を含んだ場合56,185


過去の出展者一覧(2016〜2019年)

※は共同出展者

  • アールバキュームラボ
  • 葵製作所
  • 赤田工業
  • アジレント・テクノロジー
  • USTRON
  • アネット
  • アミリア・ジャパン
  • アムテックス
  • アリオス
  • アルバック
  •  ※アルバック機工
  •  ※アルバック九州
  •  ※アルバック・クライオ
  •  ※アルバックテクノ
  •  ※アルバック販売
  •  ※昭和真空
  • アローズ
  • 石原ケミカル
  • 石山ネジ
  • 入江工研
  • インフィコン
  • エドワーズ
  •  ※Gamma Vacuum
  • エヌ・ティー・エス
  • 荏原製作所
  •  ※荏原フィールドテック
  • EPOCH
  • エムケーセラ
  • 大阪真空機器製作所
  • オービタルエンジニアリング
  •  ※Plug in
  • 大村技研
  • 岡崎製作所
  • オプトラン
  • オリオン機械
  •  ※東日本オリオン
  • カーボンコンポジット
  •  ・インコーポレーテッド
  • 韓国真空技術研究組合
  •  ※RF POWERTECH
  •  ※ASFLOW
  •  ※ALPHAPLUS
  •  ※INFOVION
  •  ※韓国丸井
  •  ※タサンENG
  •  ※PSTEK
  • キッツエスシーティー
  • キヤノンアネルバ
  • 熊本県
  • ケイ・エム技研
  • 京浜ラムテック
  • ケメット・ジャパン
  • 国際リニアコライダー計画展
  •  ※岩手県ILC推進局
  •  ※いわて産業振興センター
  • コスモ・テック
  • コフロック
  • コベルコ科研
  • 埼玉県産業振興公社
  • 埼玉工業大学
  • 埼玉自動車大学校
  • 佐藤真空
  • 産業技術総合研究所 計量標準総合
  •  センター 圧力真空標準研究グループ
  • 産業タイムズ社
  • 三輪精機
  • JFE商事エレクトロニクス
  • 芝浦メカトロニクス
  •  ※芝浦エレテック
  • 島津製作所
  • 写真化学 プロダクトカンパニー
  • 上海翔卓真空軟管
  • 昭和螺旋管製作所
  • 伸栄化学産業
  • シンクロン
  • 神港精機
  • 新明和工業
  •  ※大亜真空
  • SCREENファインテックソリューションズ
  • 住化分析センター
  • 住友重機械工業
  • Zhejiang Value Mechanical
  •  & Electrical Products
  • 関口産業
  • ゼネラル物産
  • 大亜真空
  • 第五電子工業
  • 大成技研
  • 大同機械製造
  • WTM
  • 中外炉工業
  • 中国電化工業
  • 中山泰維電子
  • 椿本興業
  • テクネティクス・グループ・ジャパン
  • テクノポート
  • テクノロジーリンク
  • 東莧市欧莱濺射靶材
  • 東京電子
  • 東邦化研
  • 東洋樹脂
  • 東洋ステンレス化工
  • 東和工業
  • トヤマ
  • ナイス
  • 中家製作所
  • 日伸精工
  • ニッタ
  • 日本エバテック
  • 日本電子
  • ハイテック・システムズ
  • Htc
  • 伯東
  •  ※ファイファーバキューム社
  • 原田産業
  • バルカー・ガーロック・ジャパン
  • VISTA
  •  ※Telemark
  • 日立造船
  • 日立ハイテクノロジーズ
  • VICインターナショナル
  • ひびき精機
  • VAT
  • フィジックステクノロジー
  • フォーユー
  • フォンアルデンヌジャパン
  • フジキン
  • 富士交易
  •  ※Gencoa
  • フジ・テクノロジー
  • フジ電科
  • ペガサスソフトウェア
  • 北京天地精儀科技
  • Photo electron Soul
  • 堀場エステック
  • 牧野フライス製作所
  • マルマエ
  • みずほ銀行
  • メープル
  • メタルヒート
  • やまぐち産業振興財団
  • ヤマト
  • 吉川製作所
  •  ※アールエムテック
  • ライボルト
  • リガク
  • リッチモアインターナショナル
  • ワイピーシステム

前回(2019年)来場者アンケート

  • あなたの業種は?
  • あなたの職種は?
  • あなたの役職は?
  • あなたの来場目的は?

前回(2019年)の主な来場企業・団体

前回(2019年)の主な来場企業・団体はこちら