雷と雷保護技術セミナー

自然災害に備える
~IoT社会の雷害対策~

 IoT技術の急速な進歩により、自動車や家電、産業機器、情報通信設備などには、さまざまな最新技術や機器が搭載されています。しかし、これらの機器や設備は、過電圧に弱く、雷による誤動作や破損・障害を起こす事例が増加してきています。自然災害である雷被害を未然に防ぐためには、落雷リスクへの深い知識と最適な雷害対策を行うことが重要です。
 そこで、音羽電機工業株式会社と日刊工業新聞社は、毎年「雷と雷保護技術セミナー」を開催しております。本セミナーでは、雷に関する有識者をお招きし、落雷のリスクとその効果的な雷害対策、対処法などについて、実例を交えてご紹介いたします。
 皆様のご参加をお待ちしております。

[ 背景画像 ] 拡大
音羽電機工業株式会社「第16回雷写真コンテスト」
学術賞「背比べ」
(音羽電機工業株式会社のウェブサイトにリンクします)

第10回 雷と雷保護技術セミナー in 大阪

大 阪 開 催

日 時:2019年5月28日│火│ 13 : 15~17 : 00 (受付開始 12 : 30)

会 場大阪国際会議場 グランキューブ大阪
10F 会議室1001~1003(大阪市北区中之島5-3-51)

定 員:300名(申込多数の場合、抽選とさせていただきます)

参加費:無料(事前申込制)

※同業他社の方のお申し込み・ご参加はご遠慮願います。

プログラム

セミナー当日、雷関連製品展示コーナーもご覧いただけます。

講演 1

13:15~14:05

「鉄道信号設備への雷サージ影響を探る」

公益財団法人 鉄道総合技術研究所 信号・情報技術研究部 信号システム研究室
副主任研究員  藤田 浩由

列車の安全・安定運行を確保するための設備として、沿線に広く導入されている鉄道信号設備。高機能化や小型化に伴う電子化により、雷保護の重要性は増しています。本講演では、鉄道信号設備の雷被害と対策の現状、そして鉄道総研で取り組んでいる雷研究の最前線をご紹介します。

藤田 浩由氏

講演 2

14:05~14:55

「第4次産業革命におけるデータセンターの役割とBCP」

さくらインターネット株式会社 代表取締役社長  田中 邦裕

インターネットの普及により、第3次産業革命(IT革命)を経て、昨今ではビッグデータ・IoT・AI・AR/VR等、第4次産業革命と呼ばれる急速な社会変革が起こっています。全ての企業がIT企業になる第4次世界革命では、どのような企業でもサーバが必要となります。このような時代の流れの中で、私たちが運営しているデータセンターの役割やBCP対策について、石狩データセンターにおける北海道胆振東部地震の際の対策等の事例も交え、ご紹介します。

田中 邦裕氏

講演 3

15:10~16:00

「IoT社会の雷保護技術」

音羽電機工業株式会社 雷コンサルティング部 部長  早川 信一

各種さまざまなモノや設備がIoTによりつながり、高度な機能が実現されるようになりました。この高度な機能を自然災害である雷から護るためには、適切な雷害対策が必要不可欠です。私たちのIoT社会を支える弊社の製品、サービスについて、実例を交えてご紹介します。

早川信一

特別講演

16:00~17:00

「雷放電で拓く高エネルギー大気物理学の新展開」

京都大学 白眉センター 理学研究科 特定准教授 博士(理学)  榎戸 輝揚

近年の観測技術の発展に伴い、雷放電や雷雲から高エネルギーの放射線が検出されるようになっています。これらの現象では、電場による電子の加速が多様な物理反応を引き起こし、最近では光核反応に伴って陽電子が発生する事例も発見されました。このような高エネルギー大気物理学という新しい学術分野をご紹介します。

榎戸 輝揚氏

第12回 雷と雷保護技術セミナー in 九州

九 州 開 催

日 時:2019年6月14日│金│ 13 : 15~17 : 00 (受付開始 12:30)

会 場:JR博多シティ 9F JR九州ホール
(福岡市博多区、JR博多駅直結)

定 員:300名(申込多数の場合、抽選とさせていただきます)

参加費:無料(事前申込制)

※同業他社の方のお申し込み・ご参加はご遠慮願います。

プログラム

セミナー当日、雷関連製品展示コーナーもご覧いただけます。

講演 1

13:15~14:05

「鉄道信号設備への雷サージ影響を探る」

公益財団法人 鉄道総合技術研究所 信号・情報技術研究部 信号システム研究室
副主任研究員  藤田 浩由

列車の安全・安定運行を確保するための設備として、沿線に広く導入されている鉄道信号設備。高機能化や小型化に伴う電子化により、雷保護の重要性は増しています。本講演では、鉄道信号設備の雷被害と対策の現状、そして鉄道総研で取り組んでいる雷研究の最前線をご紹介します。

藤田 浩由氏

講演 2

14:05~14:55

「第4次産業革命におけるデータセンターの役割とBCP」

さくらインターネット株式会社 代表取締役社長  田中 邦裕

インターネットの普及により、第3次産業革命(IT革命)を経て、昨今ではビッグデータ・IoT・AI・AR/VR等、第4次産業革命と呼ばれる急速な社会変革が起こっています。全ての企業がIT企業になる第4次世界革命では、どのような企業でもサーバが必要となります。このような時代の流れの中で、私たちが運営しているデータセンターの役割やBCP対策について、石狩データセンターにおける北海道胆振東部地震の際の対策等の事例も交え、ご紹介します。

田中 邦裕氏

講演 3

15:10~16:00

「IoT社会の雷保護技術」

音羽電機工業株式会社 雷コンサルティング部 部長  早川 信一

各種さまざまなモノや設備がIoTによりつながり、高度な機能が実現されるようになりました。この高度な機能を自然災害である雷から護るためには、適切な雷害対策が必要不可欠です。私たちのIoT社会を支える弊社の製品、サービスについて、実例を交えてご紹介します。

早川信一

特別講演

16:00~17:00

「雷放電で拓く高エネルギー大気物理学の新展開」

京都大学 白眉センター 理学研究科 特定准教授 博士(理学)  榎戸 輝揚

近年の観測技術の発展に伴い、雷放電や雷雲から高エネルギーの放射線が検出されるようになっています。これらの現象では、電場による電子の加速が多様な物理反応を引き起こし、最近では光核反応に伴って陽電子が発生する事例も発見されました。このような高エネルギー大気物理学という新しい学術分野をご紹介します。

榎戸 輝揚氏

第15回 雷と雷保護技術セミナー in 東京

東 京 開 催

日 時:2019年7月19日│金│ 13 : 15~17 : 00 (受付開始 12:30)

会 場:ホテルグランドパレス 2F ダイヤモンドルーム
(東京都千代田区飯田橋1-1-1)

定 員:300名(申込多数の場合、抽選とさせていただきます)

参加費:無料(事前申込制)

※同業他社の方のお申し込み・ご参加はご遠慮願います。

プログラム

セミナー当日、雷関連製品展示コーナーもご覧いただけます。

講演 1

13:15~14:05

「鉄道信号設備への雷サージ影響を探る」

公益財団法人 鉄道総合技術研究所 信号・情報技術研究部 信号システム研究室
副主任研究員  藤田 浩由

列車の安全・安定運行を確保するための設備として、沿線に広く導入されている鉄道信号設備。高機能化や小型化に伴う電子化により、雷保護の重要性は増しています。本講演では、鉄道信号設備の雷被害と対策の現状、そして鉄道総研で取り組んでいる雷研究の最前線をご紹介します。

藤田 浩由氏

講演 2

14:05~14:55

「第4次産業革命におけるデータセンターの役割とBCP」

さくらインターネット株式会社 代表取締役社長  田中 邦裕

インターネットの普及により、第3次産業革命(IT革命)を経て、昨今ではビッグデータ・IoT・AI・AR/VR等、第4次産業革命と呼ばれる急速な社会変革が起こっています。全ての企業がIT企業になる第4次世界革命では、どのような企業でもサーバが必要となります。このような時代の流れの中で、私たちが運営しているデータセンターの役割やBCP対策について、石狩データセンターにおける北海道胆振東部地震の際の対策等の事例も交え、ご紹介します。

田中 邦裕氏

講演 3

15:10~16:00

「IoT社会の雷保護技術」

音羽電機工業株式会社 雷コンサルティング部 部長  早川 信一

各種さまざまなモノや設備がIoTによりつながり、高度な機能が実現されるようになりました。この高度な機能を自然災害である雷から護るためには、適切な雷害対策が必要不可欠です。私たちのIoT社会を支える弊社の製品、サービスについて、実例を交えてご紹介します。

早川信一

特別講演

16:00~17:00

「雷放電で拓く高エネルギー大気物理学の新展開」

京都大学 白眉センター 理学研究科 特定准教授 博士(理学)  榎戸 輝揚

近年の観測技術の発展に伴い、雷放電や雷雲から高エネルギーの放射線が検出されるようになっています。これらの現象では、電場による電子の加速が多様な物理反応を引き起こし、最近では光核反応に伴って陽電子が発生する事例も発見されました。このような高エネルギー大気物理学という新しい学術分野をご紹介します。

榎戸 輝揚氏

© 2019 THE NIKKAN KOGYO SHIMBUN,LTD. All Rights Reserved.