日刊工業新聞

>> 著書の目次、著者プロフィールはこちら

東大工学部の人気講義の続編

続・メカ屋のための脳科学入門[記憶・学習・意識編]

有料会員
3名様

 2016年に発刊した『メカ屋のための脳科学入門』の続編。前著が、脳のはたらきのうち、知覚(センシング)、情報処理、通信ネットワーク、運動制御などの機能に焦点を当てて紹介したのに対して、本書では、人工知能研究につながる、記憶・学習機能、さらに脳のそれぞれの機能を統合した結果としての意識をテーマとする。

 著者は、機械系学科に所属しながら、脳のメカニズムを実験的に探求する高橋 宏知 氏(東京大学先端科学技術研究センター講師)。

【応募締め切り】8月25日(金)17:00

「はじめに」より抜粋:

 前著『メカ屋のための脳科学入門―脳をリバースエンジニアリングする』の続編で、前著と同様に東京大学工学部機械系学科と同大学院情報理工学系研究科および工学系研究科で開講している筆者の講義録である。

 本書は脳科学の啓蒙本ではない。真面目に脳科学を勉強したいという工学部の学生やエンジニアを読者層として想定したため、パラパラと読むには難しいかもしれない。また、前著よりも話題が多岐に渡り、部分的には高度で専門的な内容も含む。しかし、多少理解できないところがあっても、構わずに読み進めてほしい。また、目次を見て、興味をひかれるところから読み始めてもよい。基本的には章ごとに完結しており、どこから読んでも,筆者が「これは面白い!」と感動した話題に厳選されている。これらを一通り読んで、脳の全体像を捉えてほしい。そうすれば、これまでとは異なる視点で自分の脳の働きを考察できるようになるだろう。

前著紹介

『メカ屋のための脳科学入門―脳をリバースエンジニアリングする』…好評8刷!

http://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00003013(Nikkan Book Storeへ移動します)

※本プレゼントは電子版の「有料会員」様限定となっております。

プレゼント応募フォーム

下記、応募要項をご確認の上、ご応募ください。

電子版ユーザーID必須

ID名称変更のお知らせ

応募キーワード必須
※確認はこちらから

※電子版にログインしてご確認ください

会社名
会社名(カナ)
氏名必須
氏名(カナ)必須

【住所(プレゼント送付先)】

郵便番号必須
ご住所必須
電話番号必須

【アンケート】

電子版へのご意見ご要望

個人情報の取り扱いについて

ご入力頂いた情報はご本人の同意なく第三者への開示・提供することはございません。
弊社のその他の個人情報に関する取り扱いについては「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」をご覧ください。

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

入力内容に間違いがなければ「送信」ボタンを押してください。

応募要項

応募資格

日刊工業新聞電子版の有料会員の方(新規会員登録はこちらから

※今なら新規会員登録(6ヶ月か12ヶ月契約)でQUOカード2,000円分プレゼント!詳細はこちら

応募期間

2017年8月4日(金)~ 2017年8月25日(金)17:00

お問い合わせ先

日刊工業新聞社 デジタルマーケティング室
Web:https://www.nikkan.co.jp/inquiries/index
Tel:0120-832-132(フリーダイヤル)
※受付時間:9:30~18:00
(土・日・祝日・年末年始(12/30~1/3)を除く)
(海外からのフリーダイヤルはご利用いただけません)

発表

応募期間後に当選者を決定し、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。
※発送は2017年8月下旬~9月上旬を予定しています。
※発送は諸事情により遅れる場合がございます。予めご了承ください。

注意事項

ページトップ