開催にあたって

日刊工業新聞社とグリーンインフラ官民連携プラットフォームは、『持続可能で魅力ある国土・都市・地域づくりに向けて』をテーマにグリーンインフラに関する技術、製品、サービスを一堂に紹介する展示会「グリーンインフラ産業展2024」を開催いたします。

自然環境が持つ機能を社会資本整備に活用するグリーンインフラは、2030年までの国際社会共通の目標であるSDGsの達成、気候変動を抑えるカーボンニュートラルの実現、自然から得た資源を有効活用する循環型社会の構築、長年培われてきた生物多様性の保全など、様々な観点から注目を集めています。

グリーンインフラ実践の機運が高まる中、ESG(環境・社会・企業統治)への関心も背景に、国や自治体の施策が民間からの投資を呼び込み、両輪となってグリーンインフラの整備が進むと期待されます。

こうした中で、グリーンインフラの一層の普及のため、幅広く参加を呼びかけて「グリーンインフラ産業展」を開催する運びとなりました。会場での展示や併催シンポジウム等によるマッチングや情報交換を通じ、グリーンインフラに関する多様なソリューションや技術の開発を促し、豊かな暮らしをつくる社会基盤の創造に貢献して参ります。

つきましては、本展示会の開催趣旨をご理解いただき、ぜひご出展賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。


開催概要

名称
グリーンインフラ産業展2024
主催
日刊工業新聞社
共催
グリーンインフラ官民連携プラットフォーム(予定)
協賛
公益社団法人雨水貯留浸透技術協会、一般社団法人街路樹診断協会、経団連自然保護協議会、一般社団法人建設コンサルタンツ協会、一般財団法人公園財団、一般社団法人交通環境整備ネットワーク、一般社団法人ソーシャルグリーンデザイン協会、一般社団法人全国銀行協会、一般社団法人地域国土強靭化研究所、独立行政法人都市再生機構、公益財団法人都市緑化機構、一般社団法人日本インフラ空間情報技術協会、一般社団法人日本建設業連合会、公益社団法人日本下水道協会、一般社団法人日本公園緑地協会、一般社団法人日本造園建設業協会、一般財団法人日本緑化センター、一般社団法人不動産協会(申請予定先、順不同)
協力
公益社団法人2027年国際園芸博覧会協会
同時開催
リアル
会期
2024年2月20日(火)〜22日(木) 10:00〜17:00
会場
東京ビッグサイト 西ホール
入場料
1,000円(入場登録者、招待状持参者、中学生以下は無料)
併催事業
講演会、出展者セミナーなど
オンライン
会期
2024年2月14日(水)〜29日(木)※29日は17:00まで
会場
オンライン上
入場料
無料(登録制)

入場登録はコチラ